Steam DeckでHorizon Zero Dawn Complete Editionをプレイ開始

※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

Steamのスプリングセールで「Horizon Zero Dawn Complete Edition」をポチった。

前々から気になっていたタイトルで、1,600円くらいだったからこの機会に買ってみたのだ。

Steam Deckでの動作確認も取れているタイトルだから、ちょくちょく遊んでみようと思う。

Steam Deck で Horizon Zero Dawn Complete Edition

さて、Steam Deckで動作確認済とはいえ、「Horizon Zero Dawn Complete Edition」は3Dバリバリなゲームだから、パフォーマンスがどんなものかは気になるところ。

ゲームの設定の中にベンチマークがあったから、グラフィックのプリセットを「最高画質」にして実行してみたら、こんな感じだった。

Steam Deck で Horizon Zero Dawn Complete Edition ベンチマーク 最高画質

ベンチマークの画面を見ていたところ、時折カクつく感じだったけど、総じてそこまで悪いものでもなかった気がする。割とスムーズに動いていたかと。

続いて、プリセットを「デフォルト」にしてベンチマークを実行してみる。

Steam Deck で Horizon Zero Dawn Complete Edition ベンチマーク デフォルト

流石にこちらの方が滑らかな動きだった。見比べてみればわかる、という程度だけど。

デフォルトだと目視でも結構画質が荒いなーと思うところはあるが、Steam Deckの性能を考えたらこのくらいは許容した方が遊びやすいだろう。

ゲーム自体もちょっとだけプレイしてみる。ちょっとだけのつもりが、なかなかセーブできなくて、1時間以上遊んでしまったけど。

どうもオートセーブもされているみたいだったから、途中でやめてもよかったのかもしれない。初見のゲームだとその辺のさじ加減がよくわからない。

しばらく遊んだ感じだと、Steam Deckでも大体いい感じに遊べそうなんだけど、プレイしていてめちゃくちゃイケてないと思うところがあった。

それは、AボタンとBボタンの役割が逆転していることだ。

Horizon Zero Dawn Complete Edition ABボタン逆がやりづらい

Bが「はい」で、Aが「いいえ」だと・・・?普通、逆じゃね?

ボタンの配置はXboxコントローラに準拠しているから、Aが左にあり、Bが右にある。Nintendo Switchならこれが逆で、Aが右でBが左だ。

つまり、左のボタンが「いいえ」で、右のボタンが「はい」になるのは、Nintendo Switchの配置だと納得できる。Aが「はい」、Bが「いいえ」になるからだ。

この配置が入れ替わっているのがめちゃくちゃ混乱する。

「はい」と意思表示しているつもりが「いいえ」と答えてしまっていて、どうにもおかしいのだ。

その都度、どっちのボタンがどっちの意思表示か考えているんだけど・・・反射的に感覚でボタンを押してしまうので、自分がさっき「はい」と言ったのか「いいえ」と言ったのかすらわからなくなったりする。

もう、大混乱である。

あんまりにも間違うから、ここだけはコントローラの調整をすることにした。

SteamとしてはAとBが入れ替わっているように設定して、ゲームの中ではAとBの機能を入れ替えている。そうすることで、アクションは感覚的に実行できる。「はい」「いいえ」の受け答えは画面表示と逆の操作になるが、感覚に合わせて押せばいい。

このAボタンとBボタンのスワップをゲームの方で調整しておいて欲しかったなぁ・・・めっちゃやりづらい・・・

なかなか操作に慣れず、ちょくちょく敵にやられたりしているから、生き残るためにはもう少し訓練が必要そうだ。

じっくりとプレイしていくとしよう。

ゲームSteam Deck

Posted by junchan