高原避暑地でも連日暑く、パフォーマンスが下がり気味だ

このところ暑い日が続いている。

我が家が位置する町は標高900mあたりに位置し、ロケーション的には高原の避暑地ではあるが、夏は暑いのだ。

ここ数日で急激に熱くなってきている。

もちろん、都内に比べれば全然マシなのだろうけど、それでも暑いものは暑い。

我が家でもエアコンはつけているし、扇風機はフル稼働している。

あと、標高が高いと気温は下がるが、紫外線はその分強力になり、日差しは皮膚に刺さるかのようだ。

紫外線は1,000mで10%増加するとのことで (by 気象庁)、うちのあたりはそれなりに紫外線が強いのだと思う。

暮れなずむ日を高台から眺める

昼間に暑いのも困ったものだが、私としては夜がもっと困る。

私の場合、寝るときは暑くて、タオルケットをかけて扇風機のタイマーをセットして寝るのだが、明け方には寒くて、綿布団にくるまっている。

夜、暑いからといって窓を開けて寝たら、風邪をひきそうになった経験もあり、調整の難しい時期だ。

明け方に寒くて目が冷めてしまい、やむなく布団をかぶるというのも負担になっていて、要は寝不足気味になってしまう。

しかも、このところ息子が5時前後に起きてバタバタするから、それに起こされる。夜、寝るのが遅くなっても、息子のせいで容赦なく起こされるので困る。

おかげで日中はどうも気怠い感じになっていたりして、パフォーマンスが落ちてしまっている。

無理をすると本当に体調を崩しかねないから、ほどほどのラインでやっていくしかないのだろう。

高原の夏はすごく好きな季節なんだけど、あんまり暑いのは勘弁して欲しいものである。

引き続き、体調には気をつけながら、短い夏を楽しんでいきたい。

未分類

Posted by junchan