パソコンやAndroidスマホ (Pixel 3a)でaudio-technicaの「AT9901」が認識されず。どうやらオーディオジャックの種類の問題のようだ。

2020-07-31

audio-technicaの「AT9901」というマイクを買ってみて、Podcastやらの録音に使えるか試してみることにした。

audio-technica AT9901 ピンマイク

ジャックをPCにつないで録音してみたんだけど・・・どうも機能していない気がする。

スマホ (Pixel 3a)につないで録音してみても、やっぱり機能していない気がする。

いずれも、「あーーーー」と一定音量で声を出しながら、マイクを近づけたり遠ざけたりしても、録音音量が変わらないのだ。むしろパソコン本体やスマホ本体を近づけたり遠ざけたりしたら録音音量が変わる。

これはマイクをジャックに挿しているだけで、マイクとしては認識されていないんじゃないかと思えてきた。

調べてみると、この手のオーディオジャックにはいくつか種類があるらしく、正しく接続しないと使えないらしい。

なるほど、そういうことだったのか・・・

音響や映像系は完全に素人なので、まさに目からウロコだった。

試しに手元にあったイヤホンのジャックと見比べてみると・・・

オーディオジャックには3極と4極がある

上が今回使ったマイクで、下がその昔iPod Touchについていたイヤホン。

よく見ると、黒いライン (イヤホンは白いライン)が何本かある。この本数でジャックの種類が違うというのだ。

結局、このマイクは3極端子であり、Androidスマホは4極端子でないと受け付けてくれないらしいことがわかった。

穴にさすことはできても、認識してもらえないんじゃ使えないわけだ。

パソコンのジャックが何極なのかはスペック表を見てもわからなかったのだが、多分これも4極なんじゃなかろうか。今のトレンドからして。

そんなわけで、このマイクはそのままでは使用できないっぽいことが判明した orz

非常に残念だ・・・

ただ、何があっても使えないわけじゃなくて、3極を4極に変換するアダプタというものが世の中にはあって、それを使えばよさそう。

オーディオジャックの3極を4極に変換するには、以下のような、それ用のアダプタが必要になるらしい。

ふと、昔、デスクトップパソコンを自作していたころ、ヘッドホンとマイクのジャックは別々になっていたのを思い出した。その頃は、確かヘッドセットはケーブルが2本出ていて、それぞれヘッドホンとマイクのケーブルになっているのが普通だったと思う。

多分、技術の進歩やらでそういうのが1本化されたりしたのだろう。

せっかくなので、このアダプタを買ってみて、それで使えるようになるか試してみることにする。

こちらの記事もどうぞ!