カマンベールチーズをどーんと1つ使った簡単キッシュを作ってみたら、これがなかなかうまかった。

とある動画を見ていると、これはうまそうだと思ったものがあったので、再現してみることにした。

まずは、卵を10個、ボールに割り入れる。

卵を10個一気に使う!

風味づけに大葉をちぎって入れる。参考にした動画はバジルか何かだったと思うが、まあ香草を入れておくと良いのだろう。

卵に大葉をちぎって入れる

このままだと味気ないと思うので、塩コショウを軽く入れて、白だしもちょろっと注いでおく。

この卵はこのあとかき混ぜておく。

中に入れる具材は、じゃがいもと玉ねぎ。

じゃがいもと玉ねぎはブロック状に

お昼ごはんで食べることだし、お米を炊かないで済ませようと、じゃがいもをたらふく入れてみている。

じゃがいもも玉ねぎも、ブロック状に切っておく。

フライパンに油を敷いて、じゃがいもと玉ねぎをよく炒める。

炒めながら塩コショウで適当に味付けしてしまう。

じゃがいもは焦げちゃうし、なかなか柔らかくならないので、油は多めに使ってじっくり火を通すとよさそう。

そうやって火が通ったじゃがいもと玉ねぎを、先の卵の中に入れる。

じゃがいもと玉ねぎをしっかり炒めたら卵に混ぜる

これでタネはできあがった。具材をよくかき混ぜておこう。

それから、180℃に熱したフライパンに流し込む。

ここで、全部は流し込まないでおく。

卵と具材をフライパンに流し入れる

我が家はフライパンでやっているが、ホットプレートやオーブンを使ってもいいかもしれない。

具材を軽く流し込んだら、真ん中にどーんとカマンベールチーズを1個置く。

豪快だ。

カマンベールチーズを1個、ど真ん中に置く

それから、残りの具材を流し込んでいく。

残りの具材を流し込む

これで準備完了。あとは180℃のまま30分間焼き上げる。

この間に使った食器や調理器具を洗っておくと、あとが楽だ。

焼き上がり!

出来上がり~。しっかり卵が固まっているか、箸などを指して確認しよう。箸にとろっとした卵がついてこなかったら火が通っているはず。

フライパンを皿の上でひっくり返して、中身を出そう。

真ん中から切ってみると・・・

とろーりチーズがとろけだす

とろ~っとカマンベールチーズがとろけだす。

真ん中のチーズがとろけだして陥没

そのまま8つに切ったら、チーズを置いてあったところが陥没してしまった。これはこれでいいだろう。

生地にも具にも塩コショウを適当にかけて味付けしたが、加減がわからなかったので、少々薄味だったかもしれない。

子どもも食べるから、普段からそれほど濃い味付けにはしていない。つもり。

味が足りないようであれば、マヨネーズやケチャップをつけて食べてもうまいだろう。

結構腹に溜まるものだったのだが、子どもたちも大人と同量の2切れ食べていたし、うまかったのかもしれない。

とある動画を観て、思いつきでやってみた割には、なかなかいい具合にできた。

また作ってみてもいいかな、と思えるものになってよかった。

カマンベールチーズをどーんと1個使った簡単キッシュ – レシピ

  • 卵 10個
  • 塩コショウ 適量
  • 白だし 少々
  • 大葉 1枚 (香草ぽいのであればなんでも)
  • じゃがいも 4個
  • 玉ねぎ 1個 (大きい玉ねぎを使ったから、普通のサイズなら2個でもいいかも)
  • カマンベールチーズ 1個

未分類

Posted by junchan