モニタを縦置きにしたら快適になるか試してみる。文章の閲覧や編集にはいいかもしれないが、その他の作業はきついか。

2020-09-03

モニターアームを買ったら、やってみたいと思っていたことがあった。

それは、モニタを縦長にして使うことである。

ちょうどモニターアームを買って、設置したことだし、早速試してみるとしよう。

モニタを縦長にすると、こんな感じになった。

モニタを縦長にして使ってみる

いつもは横長なモニタを縦置きにしてみると・・・「長っ!」と思った。

横長の状態だとあんまり大きいと思わなかったが、縦長にしてみると、こんなに24インチモニタの長辺というのは長いものだったのかと思ってしまった。

座った状態で多少見下ろすくらいの位置にあったものが、視線の高さより上に来て、見上げる感じである。

違和感バリバリ。

記事を読むにはいいかも

ブログの記事など、Webで見るような文章は基本的に縦方向に続いているので、縦長の方が読みやすいのではないか?と思っていたが、ある程度、予想は当たっていると言える気がする。

これはこれで悪くない。

記事を書くにもいいかも

では、ブログの記事を書くとどうだろう。

ブログの記事は縦方向に伸びていくから、これはこれで悪くない、と思う。

悪くはない。悪くはないのだが・・・

しかし、違和感が拭えない。

しばらく使っていればそのうち慣れるのかもしれないのだが、どうもこの縦長の状態で使い続けようという気になれなかった。

もしかしたら、セカンドモニタとして、縦長の画面を使えば便利になるのかもしれないが、メインの画面を縦長にして使うのは無理があると思った。

文章を読んだり書いたりするだけならあるいは、とも思ったが、動画の閲覧や編集をすることを思うと縦長だと具合が悪い。

いちいちブログを書くときだけ画面を縦長に設定するのも面倒くさいし・・・

そんなわけで、今の環境だと、モニタを縦長にして使うというシチュエーションはあんまり旨味がなさそうだ。

ちょっと残念。