今シーズンになってはじめて雪を見た。今朝の雪は六芒星のような形がくっきり見えてきれいだった。

今朝、ゴミ出しをしに家を出たら、雪が降っていた。私調べでは今シーズン初雪を観測。

町内で言えばもっと前から降っているところもあったのかもしれないが、私にとっては今朝の雪が今シーズンはじめての雪だった。

たくさん降っているわけじゃなくて、一粒、二粒はらはらと降っている感じだった。

そうしてふらふらと舞い落ちる雪が、私のフリースにピトッと吸い付くように留まる。

袖についた雪

今日の雪は、六芒星のような形がくっきり見えた。

拡大してみると、六芒星の中にまた六芒星があるような感じに見える。

袖についた雪 拡大

このあたりに降る雪は、こんな感じで結晶の形までよく見える。移住してきたころは、これが珍しくてよく観察していた。もちろん、今でも雪が降るたびに、こういうのを見かけてはきれいだと思う。

他にもパラパラと服についてくる雪は、やっぱり六芒星のような形をしていたから、今日の雪はこういう形のもののようだ。

スマホのカメラで撮った写真だからこの程度の解像度だけど、短焦点のレンズとかあればもっときれいに写せるかもしれない。

こういう形のものが降ってくるなんて、なんとなく神秘を感じる。自然は美しい。

浅間山も、今日は白くなっているだろうか。

未分類

Posted by junchan