居酒屋で瓶ビールを注文する理由。生ビールは頼まなくなってきた。

最近は、居酒屋でビールを頼むときは、生中ではなく瓶ビールを頼むようにしている。

瓶ビール

そもそも生ビールも瓶ビールも中身は一緒のものだそうだ。某ビール会社の営業マンがそう言っていたから間違いないのだろう。

そう思うと、どちらを頼んでもよさそうなものだが・・・

生ビールに比べると、瓶ビールは、

  • 量が決まっている
  • 品質が一定

というのが大きな特徴だと思う。

まず、生ビールはお店によって量が違う。グラスのサイズが明らかに違ったりするし。

あとは注ぎ方によって量も変われば、質も変わってくる。

その点、瓶ビールであれば、中瓶なら500mlと量が決まっているし、飲む直前に開栓すればどこで飲んでも同程度の品質になる。

そんなことを思うようになってから、最近はもう瓶ビールばかりだ。

特に、数年前から毎日どのくらいのアルコールを摂取しているかを記録するようになってからは、瓶ビールが定量だというのはすごく計算しやすくて良い。

ここ最近は居酒屋に行くとしても家族で行くし、飲むのは私だけだから、瓶ビールにしておけばアルコール量を換算しやすい。

もし昔のように、友人と一緒に居酒屋に行くようなことがあれば、多分、生ビールを頼むのだろうけど、家族で行くならほぼ瓶ビールを頼むのだろう。

どうして居酒屋に瓶ビールがあるのか、正直あんまりわかってなかったのだけれど、瓶ビールは「定量」で「品質が一定」という特徴を思うと、なかなか理にかなっているんじゃないかと思う。

そんな瓶ビールの楽しみ方を知ったことで、またひとつ大人になった。

未分類

Posted by junchan