大三島でワインや地ビールを作っていると聞いたので、帰省したときに行ってきた

私の生まれ故郷である大三島に帰省したとき、島の中でワインや地ビールを作っているところができたと聞いていたので、ぜひとも飲んでみたいと思っていた。

大山祇神社の近くで販売しているようだったので、お参りしたついでに行ってみる。

参道の入口には看板もあったし、多分、ここを歩いていけばいいのだろう。

この日はいい天気で暑かった。歩いているだけで汗が吹き出てきた。

そんな日差しを浴びながら、参道を歩くこと数分。

まずはワインを売っているところにたどり着いた。

ここは「大三島みんなの家」というところで、元法務局を改修した建物を使ってワイン販売などを行っている。

いつまで元法務局をしていたのかは知らないが、かなり古い建物のようだ。私が生まれたころにやってたかなどは不明。幼少期に法務局なんて機関があることを知らんかったし・・・。

なお、ワインのもとになるぶどう畑も、ワイン醸造所も別の場所にあるそうで、ここは販売所にあたるらしい。

地図を見る感じだと、ぶどう畑は瀬戸で、醸造所は宗方のようだから、島の中で全部やっているとは言っても、そこそこ離れたところでやっているみたいだ。

店内には、赤ワインや白ワインの他にも、ミカンを原料にしたワインもあったりした。

ミカンのワインも珍しいと思ったが、このところ白ワインをよく飲むので、白ワインを買っていくことにした。

白ワインは、濾過したものと無濾過のものがあった。今回は無難そうな濾過したものにした。お値段4,300円なり。

普段飲んでいるワインの数倍するお値段だが、物珍しさと応援だと思って買ってきた。

続いて、地ビールを売っているお店に向かう。

参道をそのまま進んでいると、「大三島ブリュワリー」という旗の立った建物があった。

飲んでいけるし、持ち帰りもできるようだ。

ただ、OPENは12時~とのことで、我々が来たときには開いてなかった。

午前中にやってきたのがまずかったようだ。

島の中の他の場所に卸しているとか聞いたことがないから、多分、ここでしか買えないのだろう。

12時までにはまだまだ時間があったし、暑さにやられて子どもらも限界を迎えそうだったから、地ビールは諦めることにした。

またご縁があったら飲めることだろう。

こうして、島に帰ったら行ってみたいと思っていたワインを手に入れ、地ビールは店舗を拝んできたのだった。

大三島みんなの家

大三島ブリュワリー

おでかけ

Posted by junchan