パソコンを買ったらまずはキーボードのセットアップ。CapsはCtrlに、半角/全角切り替えはMac方式に。

2年ぶりにラップトップを買い換えることにした。

発売したばかりの「Victus by HP 16 (AMD)」である。

Victus by HP 16 (AMD)

私はパソコンを新しくセッティングするときに、まずはキーボードの設定をする。

基本的に日本語キーボードを使っていて、2箇所ほど変更したい場所があるのだ。

Caps → Ctrl

まずは、CapsキーをCtrlキーにする。

CapsキーをCtrlキーにする

私はAの左をCtrlキーにして使ってきていて、ここじゃないとやりづらくて仕方がないのだ。

Aの左をCtrlにしたいがゆえに、Happy Hacking Keyboardを使っていたりもしたものだ。

ただ、残念ながら、Aの左がCtrlキーになっているキーボードは絶滅危惧種。ノートパソコンで採用されているのを見たことはなく、やむなく設定変更で乗り切ることになる。

やり方はいくつかあるようだが、私はMicrosoftが作っている「Ctrl2Cap」を使っている。

上記のページからファイルをダウンロードすると、zipファイルが落ちてくるから、それを展開する。

展開したら、コマンドプロンプト (cmd)などでそのフォルダに移動し、次のコマンドを実行する。

ctrl2cap /install

コマンドが実行できたら、あとは再起動してやるとCtrlがCapsキーに割り当てられる。

これでようやく快適になる!

半角/全角切り替え

続いて、日本語入力の設定を変える。

私はMacを使いはじめたころに、「これは便利だ!」と思ったキー配置があった。それはスペースの左右にあるキーを使って半角モードと全角モードを切り替えるというものだった。

余談だが、Chromebookもこの方式を採用している。

Windowsはデフォルトだと1の左にある「半角/全角」キーを押すことで半角モードと全角モードを切り替えるようになっている。

アホかと。超使いづらい。2回押したり3回押したりしていると、今がどっちのモードなのかさっぱりわからない。今でこそ1キーでモードが切り替わるようになっているが、昔はAltキーを一緒に押すようになっていた気がする。本当にアホかと。

それだったら、

  • スペースの左のキーを押すと半角モードになる
  • スペースの右のキーを押すと全角モードになる

の方が操作は確実だ。今がどちらのモードなのかすぐわかる。

Windowsキーボードには、どうやって使うのかよくわからない「無変換」「変換」というキーがスペースの左右に割り当てられているから、このキーを「半角」「全角」に割り当てる。

なお、日本語入力はGoogle日本語入力を使っているから、まずはGoogle日本語入力をダウンロードしてきて、インストールする。だいぶ日本語入力言ってるな!

そうしてGoogle日本語入力をインストールしたら、「キー設定」から「無変換」キーを「半角」に、「変換」キーを「全角」にする。

これで半角/全角の切り替えが、キーボード左右のボタンでできるようになる。

なお、この設定にはいろいろなパターンがある。私は昔こういう設定にしてから困ってないので、このままにしている。

「変換」を全角入力に切り替え
「無変換」を半角入力に切り替え

基本的に「入力文字なし」のときしか半角/全角の切り替えはしないから、これでいい。

こうして日本語入力の切り替えがWindowsでもMacでもChromebookでも同じ操作でできるようになった。

ようやく使い物になる!

おわりに

パソコンといえばキーボードで入力しまくるものだから、キーボードの設定がちょっと違うだけですごくやりづらくなる。

CtrlとCapsの変更なんて私にとってはかなり致命的で、コピペをしようとするたびに「あっ!」となり、イライラする。

日本語入力の切り替えもそう。WindowsでもMacと同じ配置にしておいた方がやりやすい。1つのキーで半角/全角にコロコロ切り替わるよりは、こちらのほうが合理的だと思う。

この2点の変更をしてやって、ようやく私はキー入力をする気になるのだった。

未分類

Posted by junchan