「Victus by HP 16 (AMD)」が到着。早速セットアップしてみる。

HPの新しいブランド「Victus」の端末が販売されているのを見かけて、手配したのが先週のこと。

ようやく我が家に新しいおもちゃが届いたのだった。

確かに即納5営業日で届いた。金曜日が祝日だったから、律儀にその日を含まず、月曜日に届けてくれた。別に3連休のうちに届けてくれてもよかったのだけれど。

Victus by HP 16 (AMD)

私が選んだのは、AMDのCPUを使ったモデルの中で、最上位のもの。

「Victus by HP 16 (AMD) アドバンスモデル」である。

構成としては

  • AMD Ryzen 7 5800H
  • NVIDIA GeForce RTX 3060 Laptop

となっていて、このVictus初期シリーズの中では最もスペックが高いものになるはず。

早速起動してみたら、ここにも「VICTUS」のロゴが。

起動画面も「VICTUS」

画面下ベゼルの「V」マークも相まって、ちょっとかっこいい気がする。

なお、このモデルはWindows 11が標準だから、我が家ではじめてのWindows 11機になった。しかもHomeだ。最近Proしか使ってこなかったのだけれど、別にProじゃないとできないことはやってないと思うから、そこはそれほど心配していない。

Windows 11の初期設定はこんなふうになっているのかー、とか思いながら、起動するところまでやってみる。

インタフェースはWindows 10とそれほど変わりないのだが、タスクバーが真ん中よりに設計されていて、スタートボタンが左端に無いのはかなり違和感がある。

Macは真ん中よりの設計だし、それに習ったのだろうか。

ひとまず、アプリをインストールしたり、ベンチマークを取ってみたりして、初期設定を終わらせたのだった。

クラウドストレージでほとんどのデータを扱っていることもあって、パソコンの初期設定は本当に簡単な作業になったものだ。

大体準備はできたから、これからバリバリと活躍してもらいたい。

レビュー

Posted by junchan