ノンアルコールビール「ヴェリタスブロイ」を休肝日に飲む。軽い味だが慣れるとうまい。ちゃんとビール味がする。よくわからない添加物がないのもポイント。

2020-07-27

アルコールを控える日には、ノンアルコールビールを飲むこともある。

ノンアルコールビールも色々あれど、その中でもドイツ産の「ヴェリタスブロイ」というのが結構気に入っていて、ちょくちょく購入している。

ヴェリタスブロイ

この「ヴェリタスブロイ」というのは、一旦ビールを作ったあとにアルコールを抜いているそうだ。どうやっているのか知りたい。

そのおかげか、よくわからない添加物は入っていない。

ヴェリタスブロイ 内容物

原材料は

  • モルト
  • ホップ
  • ビール酵母
  • 天然水

とのこと。シンプル。

まあ、ビール作るったら、そんなもんだよね、という感じだ。

これがいかにすごいかというと、国産の雄「アサヒ ドライゼロ」の原材料を見るとわかる。

アサヒ ドライゼロ 内容物

まあ、こっちの方があれこれ色々入っているのがわかるだろう。

アサヒだけでなく、キリンやサッポロのノンアルコールビールを見ても、あれやこれやと入っているのが普通だ。

「ヴェリタスブロイ」に比べると明らかに色々入っているのは、もしかしたら国産であるがゆえの理由があったりするのかもしれない。これは想像だけど、国内製造の場合は、作り方まで細かい指定があったりする、とか (最初からアルコールを含まない/生み出さない工程で作らなければならない、など)。

こうして原材料を見比べると、「ヴェリタスブロイ」はなんだかわからない添加物がないという安心感は大きい。

味の方はというと、とっても軽い感じ。本当にとってもとっても軽い。バドワイザーより軽い。比較対象が何だったらいいかよくわからないが。

ドイツビールだと思って飲んだら拍子抜けするだろう。

最初に飲んだときは随分薄いし軽いと思ったものだが、慣れてくると結構ちゃんとビール味していると思う。

なんというか、ビールからアルコールを抜いただけというだけあって、ちゃんとビールの風味がするのだ。ビールっぽく作ったようなビール味ではないというか。確かにアルコールを抜いたらこんな味かなー、という気がする。

今では、「ヴェリタスブロイ」を飲んだら、ビール飲みたい欲求はだいぶ満足される。

なお、「ヴェリタスブロイ」はその辺のスーパーなどで見かけることはまずないので、買うときはAmazonなり楽天なりで箱買いしている。

ヴェリタスブロイを箱買い

今回は2箱 (24 x 2 = 48缶)買っておいた。

ノンアルコールビールだったら、ほぼお酒を飲まない奥さんもジュースのように飲むし、このくらいあっても1~2ヶ月でなくなっている。

低カロリーだし、ノンアルコールだし、ごっそり買えば1本あたり100円としないし、と思うと、気軽にいつでも飲める。

しばらくお酒を控えようと思うときには、「ヴェリタスブロイ」をごっそり買っておくと心強い。

未分類

Posted by junchan