ブログを開設してから、日々思うことを綴ってはや8ヶ月。どんな記事も自分のためにはなっていて、そのために私は書き続けている。

2019/7/8に産声を上げたこのブログ「Drafts」は、今日で8ヶ月になった。

他愛のないことから役立ちそうなことまで、とにかく毎日何かしら記事を書いて公開しよう、ということで立ち上げて、書き続けてきた。

色々書いてみて思うのは、こういう記事はサラッと書けるけど、こういう記事はサラッと書けない、というものがあるな、ということだ。

例えば、

  • 何かを買った、もらった
  • 何かを使った
  • どこかへ行った
  • 何かを食べた

といったネタは書きやすい。それこそ写真を並べてその間に感想を書いていけば記事っぽくなる。

逆に、

  • こんなことを考えている
  • まともなレビュー

といったネタはそれなりに難産になる。1時間くらいかけて書くこともザラだ。

最近でいうと、「Chromebookを買いました」みたいなのはサラッと書けるけど、「Chromebookはこう使うといいと思う」みたいなのはそこそこ難産になる。

なので、毎日更新したければ、毎日何かを買ったりどこかに行ったりしていれば自ずとネタは溜まっていくし、サクサク書いていけたりするのだが、、、

正直、そうやって日々を過ごすのは私のライフスタイルに合わない。

Chromebookしかり、そういうネタは検索もされやすく、見られることも多く、つまりは誰かの役に立つ記事だったりするのだろうけど、そればっかり書くのは、私的にはつまらないのだ。

だから、こうやってたまには誰が読むのかもわかったものではない、というか誰得?な記事もあえて書いてみている。

特に理由もない。知ってもらいたいわけでもない。ただ、心の声の赴くままに書き綴っているだけ。

なんというか、そこに理由をつける必要もないんじゃないかと思う。

この記事を全世界に公開することに意味があるのか?と言われると、私にもよくわからない。

が、少なくとも、私には、こうして自分が考えていることを吐き出していくことには価値があると思っている。

これこそ、このブログ「Drafts」の原点回帰。

サブタイトルのとおり「下書き保存」なのだ。この記事も。

思いついたことを思いついたままに。バーっと書いて。「下書き保存」するだけ。

そんなノリで書き続けているのが、このブログなのだ。