ポット型浄水器「クリンスイ CP405」を購入。交換カートリッジ3個も一緒に買う。これで浄水が1年間作れるぞ!

2020-09-03

自宅で仕事をする部屋で使えるように、浄水器を買うことにした。

蛇口に直接つけるタイプもあるし、それでもよかったのだが、ポット型の浄水器にしてみた。

クリンスイ CP405」という中型のサイズのものだ。1.5Lほどの浄水が貯めておける。

仕事部屋には水道も冷蔵庫もあるのだが、浄水器がないため、水を汲むために徒歩30秒の台所まで行き来きしていた。

別にそれはそれでよかったのだが、こんなに長らくこの部屋で仕事をするのだから、浄水器くらい買ったらいいかな、と思うに至ったのだ。

なお、ポット型にしたのは、冬場はそこの水場の周りで、水が凍ることがあるからだ。

蛇口に直接つけるタイプのものや据え置き型のものだと、水を貯めておく部分があり、そうなると冬場の使用がちょっと怖い (部屋があたたまる前に水を使おうとすると、最悪水道管が破裂する可能性がある)。去年は冬場はここの水道は締めていたので、冬場もここの水道を開放しておくとは限らない。

それだったら、必要なだけ水を汲んで、冷蔵庫の中においておけるポット型の方が無難か、という判断である。冷蔵庫の中に入れておけば、真冬でも水は凍らないのだ!すごいぞ冷蔵庫! (この辺の感覚が寒冷地特有)

クリンスイ CP405 と 交換カートリッジ

ポットとついでに交換カートリッジもまとめ買いしておいた。

カートリッジ1本で3ヶ月使えるとのことなので、これで1年間は浄水が確保できる計算になる。

全部で6,500円くらいだったから、それほど高額という気もしない。

クリンスイ CP405 ポット型浄水器

ポット型の浄水器を使うのは、実はこれがはじめて。

1.5Lあればどのくらい使えるのか、水をろ過するのにどのくらい時間がかかるのか、など気になるところだが、仕事場で使う分には十分なものだと思っている。基本的に飲用水としてしか使わないし。

朝イチで水を入れて、そのまま冷蔵庫にでも入れておけばいいだけだし、日中はコップに汲むなりまた水を継ぎ足せばいいのだから、枯れる心配もなさそうだ。

使い方は簡単で、器の上部に水を入れると、真ん中のフィルターを介して、下部に水が落ちるようになっている。下部に溜まった水が浄水であり、この水を注げるようになっている。

実際に水を入れてろ過してみたところ、意外とするするろ過できている。すごく時間がかかるものでもなさそうだ。

なお、1回の給水で容器の最大容量である1.5Lの浄水が作れるわけではない。

というのも、上部のろ過前の水を貯めておくところの容量が、下部のろ過後の水を貯めておくところの容量の半分くらいしかないのだ。

そのため、1回の給水で満量の1.5Lの浄水が作れるわけではない。上部の水が全部落ちたあとに、もう1回給水すると全量の浄水が作れる、くらいに思っておくといい。

私としては不便とかいうほどのものではないが、「あ、そういうものなんだ」くらいには思った。

いずれにせよ、朝イチで水を2回汲んで冷蔵庫に入れておけばよくて、あとはコップに取るなり水を継ぎ足していけば、1日困ることはなさそう。

調理に使ったりするには物足りないだろうが、基本的に飲用水としてしか使わないことを思えば、一気に1.5L飲み干すこともないわけだし、これで十分使えそうだ。

これでまた、仕事場がちょっと快適になった。

こちらの記事もどうぞ!