庭に雪が積もったから、子どもたちと一緒に雪かきしたり、雪山を作ったりして遊んだ

昨晩から降り始めた雪は、朝になっても降り続けていて、積もっていた。

そんな庭を見てしまったら、外に出て遊ばずにはいられないのが子どもたちだ。

子どもたちは外に行く気まんまん

朝ごはんを食べたら、家にあるスキーウェアやらをひっぱりだして、外に出る準備をはじめた。

そして、まだ雪が降っている中、外に飛び出した。

雪の降り積もる外に繰り出そう

雪はふかふかで、踏み込んだら足がズッポリ埋まるくらいだった。

足がズッポリ埋まる

15cmくらいは積もっていただろうか?

息子はいきなり這いつくばっていた。

雪を全身で感じようとする息子

全身で雪を感じたいのだろうか。潰れたカエルのようだった。

この辺の雪質はパウダーに近く、水分が少ない。

雪玉を作ろうと握ってみても、水分がないからか塊にならないのだ。握る端からボロボロこぼれ落ちていく。

雪玉を作ってみる

今日の雪は若干水っぽい感じはしたが、それでもパラパラしていた。

息子はとにかく雪だるまが作りたかったとかで、なんとか雪の塊を作っていた。

雪だるまを作る息子

なんとか雪だるまぽいものを作っていたが、、、

息子が作った雪だるま

目と口に石を突っ込んだもので、どちらかというとおばけのようだ。

生後10ヶ月のベイビーは、きょうだいが外に飛び出したころはおねんねしていたのだが、そのうち起きてきたので、一緒に外に連れて行ってみることにした。

つなぎのようなジャンバーを着せて、全身防備で外へ。

10ヶ月にして雪デビュー

彼女にとっては、生まれてはじめての雪だ。たしか。

起きたばかりでぼんやりしていたのかもしれないが、雪の上に置いておくと、しばらく身動きもせずじーっとしてた。

雪かきをする奥さん

まだまだ雪は降っていたけど、雪かきをしておいたほうがよいだろうと、奥さんはスコップを持って雪を集めていた。

スコップに雪を載せて、運んできて、、、

雪を運んでくる奥さん

えいや、と雪山に投げつける。

すくってきた雪を雪山に投げつける

重労働ではあるが、ストレス発散になっていたらしい。

雪山を固める

その辺の雪を集めてきて、固めて山にしていく。

雪山ができてきた

ある程度、雪を積んだところで、乗ることができるか試す。

私が踏み込むと穴が開くところもあったが、頂上?はなんとか私が立っても大丈夫な強度ができていた。

ひとまず登って、軽くポージングとかしておく。

雪山でポージング

今風に自撮りもしておくといいだろう。

雪山に登って自撮り

雪山はこのあと適度な斜面をつけて、滑り台にしていった。

子どもたちは頂上からジャンプしたり、滑り台で滑ったりして遊んでいた。

雪山を作ったかいがあるというものだ。

その後、ベイビーはいい加減寒くなってしまったのか、泣きはじめてしまったので、家に連れて帰った。

このタイミングで、親は2人とも家の中に引っ込んだが、子どもたちはその後もお昼ごはんができるまで外で遊んでいた。

外で遊び続ける子どもたち

ちなみに、彼らもお昼ごはんを作っていたらしい。鍋にいっぱいの雪を入れ、詰め込んで、何やら調理していたそうだ。

お昼ごはんができたころには子どもたちも引き上げてきて、ひとまず着ているものを着替えさせる。

十分遊んでくれたようで、お昼ごはんはあっという間に食べきった。

ガッツリ子どもたちの体力を削れたようで、お昼ごはんを食べたらあっさりお昼寝。

ベイビーは布団で暴れるから、サルベージしてきて膝の上に置いておいたら、いつの間にか寝ていた。

疲れ果てたのか、寝てしまった

こうして雪が積もった朝に、庭で雪遊びを楽しんだのであった。

なお、子どもたちが庭で遊んでいる間に、私は裏の神社にも行ってみた。

雪が積もっていい感じの景色になっているのではないか、と思ったからだ。

裏の神社も雪に埋もれていた

誰も足を踏み入れていない神社は、静かで、ひんやりしていた。

なんとなく厳かな気持ちになるのがいい。

軽くお参りしてから帰り、雪山づくりに再戦したのだった。

未分類

Posted by junchan