ANKER「Eufy HomeVac H11」子どもが散らかすお菓子などハンディクリーナーで対処できるか

Amazonがタイムセール祭りをやっていた中で、今回はひとつだけお買い物してみた。

ANKERが展開している家電ブランドEufyで販売しているハンディクリーナー「Eufy HomeVac H11」だ。

手軽に使えれば、ちょいちょい掃除する気になれるか

前々からこういうのがあると何かと便利なんじゃないかと思い、気にはなっていた。

子どもがいると、お菓子の食べかすが散らかっていたり、米粒が落ちていたり、ズボンについていた砂や小石がその辺に落ちていたりするなど、床面は何かと細かいものがバラバラしがちだ。

そういうのをサクッと掃除できるものがあるといいな、とは思っていた。

もちろん、家にはサイクロン式の掃除機があるし、それでこまめに掃除すればいいのかもしれないが、大きい掃除機を持ってきて使うのが億劫だから、どうしても敬遠しがちになってしまう。

その点、コードレスで手に持って使えるサイズの掃除機であれば、ちょいちょい使う気になるんじゃないか、という試みである。

本体到着、開封の儀

タイムセール祭りの影響か、配送予定の日より遅れて到着した。

Eufy HomeVac H11 外箱

パッケージのクリーナーが黒いから、「あれ?白を注文したよな?」と若干不安になってしまった。

中身を出してみたら、ちゃんと白だった。

Eufy HomeVac H11 内容物

内容物は、

  • 本体
  • ノズル
  • USB Type-A – micro USB ケーブル
  • 説明書

だけ。

本体を手に持ってみる。

Eufy HomeVac H11 手にとった感じ

そこそこずっしりしている気はするが、持っていて苦にはならない。持ちやすい形状をしていると思う。

先端はキャップであり、使うときは外す。

Eufy HomeVac H11 キャップを外して掃除する

このキャップがあるおかげで、使わないときは立てて置くことができる。スペースを取らないし、スタイリッシュでよい。

このままでも掃除はできるが、ノズルを使うことで、先端部分が伸びるから、狭いところにも使えそうだ。

Eufy HomeVac H11 ノズルを使用

ノズルは2パターンの使い方がある。先端を伸ばして使うこともできるし、さらに先端をブラシにすることもできる。

Eufy HomeVac H11 ブラシノズルを使用

ノズルの使いみちも、使いながら考えていこう。

ノズルが本体のどこかに引っ付けることができれば、保管する場所に困らないのだが、そういう作りにはなっていないらしい。

あと、先端部分が吸い込んだゴミを溜めるところになっている。

Eufy HomeVac H11 ゴミがたまるところ、フィルタ

黒いキャップの中にゴミが溜まり、青と白のフィルタにホコリが溜まっていくのだろう。

この3点は水洗いできるそうで、じゃぶじゃぶ洗えばいいらしい。洗ったら、完全に乾かしてから使用ってね、とのこと。

なお、充電はmicro USBでできる。手軽だ。

おわりに

本体のサイズからして、ちょいちょい掃除するにはよさそうだけど、広範囲を掃除するのは難しいだろう。もともとバッテリ駆動で10分ちょっとしかもたないようだし、それほどガッツリ掃除するようにはできていない。

これでちょっとでも足の裏につく食べかすが減らせるとよいのだが・・・

もしあまり使い勝手がよくなさそうなら、次点の策として、車の中や仕事部屋なんかで使ってみるのもいいだろう。

とにかく、試してみるのである。