微アルコールが最近かなり気に入っている。「サッポロ The DRAFTY」が一番のお気に入り。

最近、微アルコールのビアテイスト飲料がかなり気に入っている。

アサヒの「ビアリー」にはじまり、サッポロの「サッポロ The DRAFTY」も出てきており、いずれもかなりビールっぽい出来栄えだと思う。

サッポロ The DRAFTY

一番気に入っているのは、「サッポロ The DRAFTY」だ。

「ビアリー」も悪くないんだけど、後味の甘い感じがちょっと気になる。どちらかといえば「ビアリー 香るクラフト」の方が好きだ。

「サッポロ The DRAFTY」 はキレがよい感じがしていて、かなりビールに近い味な感じがする。

私は1日に飲むアルコールの量は気にしていて、手帳にも毎日どのくらい飲んだか記録している。そんな中で、微アルコールはノーカンにしてもいいくらいなアルコール量だ。

なにせ、0.5%ということは、10本飲んで普通のビール1本分のアルコールということである。10本ということは3.5Lで、そんなにも飲めないから、頑張って飲んだとしてもビール1本分に満たない。

そう思うと、微アルコールなんて本当に誤差の範囲と言えよう。

それこそ、風呂上がりのいっぱいを微アルコールにすると、だいたい満足するから、その後はそんなに飲まなかったりする。

アルコールの量を調整しつつ、それなりに満足できるから、微アルコールは重宝していると言ってもいい。

それでいて、ノンアルコールのものに比べて一層ビールっぽい感じがしてうまい。

若干気になることがあるとしたら、微アルコールとはいえ、安いわけじゃなくて、下手をすると普通のビールより高い場合もあることか。

あと、普通のビールに比べてヘルシーかと言われると、いろいろなものが入っているから怪しいところもある。

いくら飲んでも大したアルコール量じゃないとはいえ、その辺を考えると、結局のところはほどほどにしておくのがよいのだろう。

個人的には、うまくお酒と付き合う選択肢として、微アルコールというジャンルはいい線いっていると思う。

レビュー

Posted by junchan