2021年3大ニュース。子どもは就学就園、事業は法人化、東京事務所は撤退。

2021年も最後の日だから、今年の3大ニュース (と言う名の、ただの思いついた思い出)を書いてみる。

2021年の大晦日

息子は小学校に、娘は幼稚園に

まずは、息子が小学校に上がり、娘が幼稚園に上がったこと。

4月には2人とも入学/入園式があった。このご時世だから、どちらも私は参加しなかったけれど。

おかげで、生活は一変してしまった。

息子を幼稚園につれていく代わりに、娘を幼稚園につれていくようになった。

娘は兄が通っていた幼稚園に行きたくて仕方がなかったようだから、念願かなったのだろう。

毎日楽しく?幼稚園に行ってくれている。

ただ、たまに風邪をひいては1週間休み、1週間通っては熱を出し、のような感じで、安定しない時期が続いた。

だいぶ体力がついてきたからか、熱を出さない期間も随分と長くなったが・・・

今でもときおり熱を出す日があって、幼稚園が冬休みに入る週にもそこそこ休んでしまった。そして最終日だけ行くという。

息子は小学校に集団登校すべく、7時前には家を出ていくようになった。おかげで6時前には起きる。というか、起こされるようになった。

息子は家を出たら、そこから小学校まで3kmオーバーの道を歩いていく。

4月は、いきなりそんなに歩けるのかな、ちゃんと帰ってこれるのかな、と心配したものだが、今ではケロッとした顔で帰ってくる。

毎朝毎晩、この時期の早朝は-7℃とかいう気温のもと、よく通い続けているものだと、本当に感心する。

随分と体力がついたようで、1日中を家の中でごろごろしている休日なんかはなかなか寝ようともしなくて困る。

事業を法人化

続いて、個人事業主として働きはじめて10年目にして、事業を法人化した。

節目というか切りがいいというか、そろそろ法人化するかなー、とか思って、法人化することにしたのだった。

法人化するにあたって色々と考えたし、調べたし、おかげで社会の仕組みについてさらに詳しくなることができた。

こうやって健康保険料は決まるのかとか、こういう種類の税金があるのかとか、個人事業主とはまた違った世界に飛び込んだ感じがする。

自分で自分の給料を決めたり、期日には振り込んだり、社会保険料やらの引き落としがあったりと、法人になったことでやることが少し変わったり、お金の流れが変わったりしている。

とはいえ、法人になったからといって仕事が大きく変わるわけでもなく、こんなもんかと思えるようにはなってきた。

最近だと年末調整を本格的にやってみたりして、こういう情報をこうやってコネコネしていくのかー、などとまた勉強になったりして。

来年になって、確定申告の時期がくるとまた新しい業務が出てきそうだけど、今は年末調整がだいたい終わったから、しばらくは大きな動きはなさそうだ。たぶん。

東京事務所撤退

個人事業主として稼働をはじめてしばらくしたころ、東京で仕事を取るようになった。

そのため、東京にも家を借りることにして、長野と東京の2拠点生活をスタートしたのだった。

それからかれこれ7年ほど経ったか。

ただ、この1~2年はほとんど東京に行くこともなく仕事ができていて、緊急事態宣言やらのおかげで東京に行く気にもなれず、ほとんど放置している状況だった。

もしかしたらこの状況が変わるかもしれないし、また東京に行くようなことが起こるかもしれないし。引き払うにしても、東京に行かないといけないし。

そんなことを思いながら、ただただ家賃を払ってきたのだが、ようやく重い腰を上げて撤退を決めたのだった。

撤退すると決めてからは、あっという間に片がついた。

奥さんにも協力してもらって、手早く荷物をまとめ上げ、引き上げることができた。

ちょっとした物悲しさというか、ノスタルジックな感傷に浸ったりしたが、これでよかったのだろうと思う。

また必要になれば拠点を作ればよいだろう。本当に東京事務所にはお世話になった。

おわりに

思いつきで今年の3大ニュースとか書いてみたが、これ以外にも本当にいろいろなことがあったと思う。

末の娘なんて、ハイハイしてたかと思えば、もはや立って歩き回り、というか走り回り、あれこれいっぱい喋ってるし。

放送大学に入学して、また学生をはじめてみたりもしたし。

1年という月日は本当に長く、いろんな体験があったものだ。

また来年も、いろいろなことがある1年になることだろう。楽しみである。

未分類

Posted by junchan