Windows 11でタスクバーを中央揃えから左揃えにする

Victus by HP 16 (AMD)」というラップトップを新たに購入した。

このラップトップは新しいだけあって、Windows 11が標準OSになっている。ちなみに、Windows 11 Homeだ。

初めてのWindows 11機になったこともあって、見慣れないながらも、なんとか使えるようになっている。

基本的にはWindows 10とそれほど違うUIでもないから、Windows 10を使っていればそれほど戸惑わないと思う。

初見で「お?」と思ったのが、タスクバーが中央揃えでデザインされていることだった。

タスクバーが中央揃えにデザインされている

Windowsといえば、「スタート」が左端にあったものだが、Windows 11はこれが真ん中寄りになっているのだ。

Windows 11について全く情報を仕入れてこなかったから、こんなことも知らなかった。

Macはこのタスクバーに相当するDockが中央揃えにデザインされているから、Windowsもそれに倣ったのだろうか?

まあ、慣れてしまえばどうということでもないのだけれど、一応、これは設定で変えられるらしい。

タスクバーのところを左クリックすると、「タスク バーの設定」というメニューが出てくるから、それをクリックする。

そうして出てくる設定の、下の方にある「タスク バーの動作」を開いてみると、ここに「タスク バーの配置」という項目がある。

タスク バーはデフォルトでは中央揃えになっている

ここがデフォルトでは「中央揃え」になっているのだ。

この状態だと、スタートボタンを含むアプリのアイコンが真ん中寄りに配置される。

「タスク バーの配置」はドロップダウンになっていて、開いてみると「左揃え」を選ぶことができる。

ここで「左揃え」を選べば、スタートボタンが左端に配置され、タスクバーがこれまでのWindowsぽい感じになる。

この辺は好みなんだと思うから、使いやすいものを使えばよいということなのだろう。

個人的には、デフォルト設定が「中央揃え」なんだし、そのまま使ったらいいか、と思っている。

ついでに、「タスク バーの設定」の上の方で、

  • 検索
  • タスク ビュー
  • ウィジェット
  • チャット

の表示をオン/オフできる。

「チャット」というのが何をしてくれるのかわからないし、用事がなさそうなので表示をオフにしている。

あとは何か使うかもしれないから、ひとまず残しておいた。

はじめてのWindows 11なので、こうしてちょくちょくいじってみながら、使い勝手を確認しているのであった。

レビュー

Posted by junchan