「ZXII(ゼクロスツー) プロテクター 37mm」でミラーレス一眼「Panasonic DC-G100」の標準ズームレンズを保護

2022-04-04

ミラーレス一眼「Panasonic DC-G100」の標準ズームレンズキットを購入した。

家で使っているうちは大丈夫だろうけど、持ち歩くときにレンズをぶつけて傷つけたりするのが怖いから、レンズ保護フィルターくらいは付けたいと思っていた。

そういったアイテムを扱ってそうなお店をGoogleで探してみると、長野市にある「ケーズデンキ長野本店」に行けば何かありそうだった。

若干遠いので億劫だったが、行ってみればどういうところかハッキリするから、行ってみたのだった。

そして、店内でいくつか展示されているレンズ保護フィルターの中で、ちょうど良さそうなものがあったので買ってきた。

Kenko ZXII プロテクター」と言うそうだ。

ZXII プロテクター 37mm パッケージ

DC-G100の標準ズームレンズは37mm口径なので、きっとこれでいいはず。

レンズのフィルターを探していると、NDフィルターなど、映りっぷりを調整するようなものもあったが、私としてはレンズを保護できればよいので、変に光学的な処理をせず、保護力が高そうでいて、撮影に影響が出ないものがよかった。

値段もピンキリだったから、色々と違いがあるんだろうけど、素人な私にはわからないから、そこそこのお値段のものを選んだ。

37mm口径だから、レンズ保護フィルター自体も随分と小さいものだ。

ZXII プロテクター 37mm

これまで使ってきた「Canon EOS D70D」のレンズが58mmだったから、それに比べると本当に小さい。

このまま転がってなくしてしまいそうだから、さっさとレンズに装着してやることにする。

DC-G100の標準ズームレンズは、収納するとかなり小さくなる。完全にフォーカスリングなどの中に完全に埋もれるようになっている。

レンズキャップをしたら、キャップの分、前にせり出すような感じだ。

ZXII プロテクター 37mm 装着前

この状態でフィルタを付けたら、キャップが更に前にせり出すことになる。

ZXII プロテクター 37mm 装着後

ただ、レンズ保護フィルターも薄いものだから、それほど気にはならない。

これならレンズを収納した状態で持ち運んでいても、邪魔にはならないだろう。

レンズ保護フィルターを装着してみて、撮影に影響するか試してみたけど、装着前後の違いは私にはよくわからなかった。光を歪めることなく、しっかり透過してくれているようだ。

本当はレンズフードなんかもあるといいなーと思っていたのだけれど、ケーズデンキ長野本店では37mmに合うフードは見当たらなかった。シリコンのやつならあったような気もするけど。もしかしたら、この大きさだとレンズフードはあまり用意がないのかもしれない。

本体が小さくて取り回しがいいのが気に入っているから、あんまりゴテゴテと付け足したくはないのだけれど、よくぶつけたりするから、ちょっとでも保護しておきたいところ。

ひとまずレンズ保護フィルターは見つかったから、そのうちレンズフードなんかも探してみることにしよう。

レビュー

Posted by junchan