Fire HD 10タブレットでマインクラフト。息子と一緒に穴を彫り、夜を明かす。

息子がマインクラフトをやりたいと言っていて、そろそろやれるようにしてもよいかと準備をしてきた。

おかげで、私の時間が何時間か溶けた。

パソコンやタブレット、スマホなど、マインクラフトをプレイできる環境はいくつかあったのだけれど、最終的にAmazonのタブレット「Fire HD 10」でプレイできるようにした。

Fire HD 10は子どもたちの学習教材として購入したものだし、子どもたちにとって手っ取り早くアクセスしやすい端末だからだ。

Fire HD 10でマインクラフト

マインクラフトは、Amazonアプリストアで900円だった。ちなみに、Google Playでも同じ値段だ。

Fire HD 10はそれなりのスペックがあるし、マインクラフトはそれほど重たいゲームではないから、かなり快適にプレイできているようだ。

画面タッチでプレイするとちょっと画面に近すぎると思い、コントローラでプレイしてもらっている。

息子はマインクラフトをやりたいという念願が叶ったからか、はじめてのマイクラワールドはずいぶんと楽しそうだった。

余談だが、息子はマインクラフトがやれたのが相当嬉しかったのか、息子の最近の会話の8~9割がマイクラになっている。これは正直うざい・・・

せっかくだから、私もパソコンでマインクラフトを起動して、息子がやっているワールドに飛び込んでプレイした。

ただ、コントローラは息子に渡したものしかないから、キーボードとトラックボールで参戦だ。

私はコントローラでしか操作したことがなかったから、キーボードとトラックボールだとどうやって動かしたらいいか全くわからなかった。

それでも、マイクラのサバイバルな世界を生き抜くために、謎の集中力を発揮し、数分間試しているうちに結構動かせるようになった。

コントローラの方がやりやすいところもあれば、キーボード+トラックボールの方がやりやすいところもある。

WASDで移動していたら左手がつりそうになるが、トラックボールで向きを変えるのはすごくやりやすいとか。慣れるとキーボードでも結構やれる気がした。

とはいえ、一緒にプレイするんだったら、コントローラはもう1つあった方がいいな、と思った。また適当なものを見繕うとしよう。必要経費である!

そうやって、一緒に穴をほったり、私が作った隠れ家で夜を明かしたりしながら、息子とマインクラフトの世界でしばらく遊んだのだった。

ゲーム

Posted by junchan