放送大学のラジオ授業を運転中に聴くために、FMトランスミッターを試してみる

2022-06-08

車を運転しながら放送大学のラジオ授業を聴いている。

スマホで教務システムにログインして、インターネット配信の授業を聴いているのだが、スマホだといかんせん音量の問題がある。

最大音量にしていても、運転中だと若干聞こえづらいのだ。

こればかりはどうしようもない。

車というのはそもそも駆動音がうるさいし、エアコンをつければうるさいし、窓を開けてもうるさいのだ。

普通に運転している分には、そういった音はあまり気にならないけど、授業を聴こうと思ったら結構な騒音なのである。

かといって、流石に運転中にヘッドホンで聴くのは怖いし。

だったらスピーカーを買おうかとも思ったんだけど、ふと思いついてFMトランスミッターを試してみることにした。

最近のFMトランスミッターはBluetoothに対応していて、スマホとペアリングしてやれば、

スマホ – (Bluetooth) → FMトランスミッター – (FM電波) → 車載ラジオ → 車載スピーカー

という感じで繋がって、要はスマホの音を車載スピーカーで再生することができる。

ついでに、USBケーブルを差して充電できたり、USBメモリやSDカードに音楽ファイルを入れておけば、それを再生できたりするようなものもある。

なかなかハイテクなやつだ。

今回、私が試してみたのは、JAPAN AVE.の「JA998」というものである。

JA998は、

  • シガーソケットに挿して使う
  • USBケーブルを差して、スマホなどの充電ができる
  • USBメモリを差して、USBメモリ内に置いてある音楽ファイルを再生できる
  • AUXケーブルを差して、スマホなどから音楽再生ができる

といったもので、私がやりたいと思っていることがだいたいできるようだった。

使い方も簡単で、まずは愛車のシガーソケットに差し込んで、スマホとBluetoothでペアリング。

その後、周波数を設定し、車載ラジオの周波数を合わせてやれば、すぐにつながった。

FMトランスミッター JA998

スマホでYouTubeを再生したら、そのまま車載スピーカーから音が出ていて、なかなかいい感じだった。

ノイズもほとんどないみたいで、クリアな音だったと思う。

車を走らせてみたらどうなるかわからないが、音量を調整してやればちゃんと聞けるのだろう。

一度スマホとペアリングしてしまえば、エンジンをかけるとトランスミッターが起動し、すぐスマホと接続される。

マイクもついていて、このトランスミッターを介してハンズフリー通話もできるようだ。

あと、このツマミを押し込むことで再生/一時停止ができるし、ねじることで選曲もできる。スマホの音楽再生アプリがこの操作に対応していれば、ツマミを使って簡単な操作ができる。

なかなか使い勝手はよさそうである。

近々、出張で長時間ドライブする予定なので、そのときは快適に放送大学のラジオ授業を聴くことができそうだ。

実際に使ってみるとどんな感じになるのか、楽しみである。

こちらの記事もどうぞ!

レビュー

Posted by junchan