数年ぶりに実家に帰省する。私にとっての「夏」の空気感を感じて心地よい。

数年ぶりに実家に帰省している。

新型コロナ騒ぎがあってからというもの、全く実家に帰ってなかったのだが、今年は帰ることにした。

普段は標高の高い、長野の高原で過ごしている私たちにとって、実家のある瀬戸内海の島というのはまるで環境が違っている。

とにかく暑い。これに比べると、高原のなんと過ごしやすいことか。

ただ、暑いのは暑いんだけど、私にとって夏というのは「こういう感じ」だと肌で感じる。

温度や湿度の感じとか、空気感に懐かしさを感じる。暑いんだけど、心地よい感じすらする。

私が子どもの頃に比べると、気温は上がっているようだし、一層暑いのだけれど。

あと、長野の自宅ではほとんど聞いてなかったセミの鳴き声も、ギャンギャン聞こえてくるのも懐かしい。

もうツクツクボウシが鳴いていて、夏の終わりを感じさせてくれるが、まだまだ夏だよな・・・?

急激な環境の変化にちょっと疲れてしまっているが、数日滞在する間に慣れてくることだろう。

せっかくの数年ぶりの実家だから、のんびりしていきたい。

おでかけ

Posted by junchan