近所の方から白菜を大量にいただく時期がやってきた

近所の方から白菜を大量にいただいた。

しかも1つ2つとかいう話ではなく、ビジュアル的にも圧倒されるような物量でだ。

白菜を大量にいただく

なにせ軽トラで乗り付けて、「白菜いるかい?」と言って、ごっそり置いていかれたのだ。

「誰かにあげたらいいから」とか言われ、全部もらってしまった。

2列2段に積んでいて、20玉くらいあるかな。

とてもみずみずしいところをみると、おそらく、さっきその辺で採ってきたものなのだろう。

これぞ産地直送野菜である。しかも標高900mの高原野菜だ。社会科で習うパワーワードが並ぶ。間違いなくうまいだろう。

さすがにこの量は食べきれないと思うから、うちに来た人にちょくちょくおすそ分けしながら消費していくことになるだろう。

白菜の他にも、このところさつまいもを大量に掘ってきたり、キャベツや大根ももらっていたりしていて、にわかに我が家の野菜が急増している。

とてもありがたいことだ。

どんどん食べていくことにしよう。