白樺湖ビューホテルに家族5人で宿泊。湖畔にある温泉宿で、観光にも便利

2023-11-30

※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

白樺湖ビューホテルに家族5人で宿泊してきた。

白樺湖ビューホテル

白樺湖ビューホテルは、その名の通り白樺湖のすぐ側にあるホテルだ。

それなりに老舗の大きいホテルのようで、白樺湖の対岸からでもすぐ見つかる規模感。

白樺湖ビューホテル 湖の側にある

部屋は湖側と山側があり、湖側からなら湖がすぐそこに見える。本当に湖に近い。

なお、白樺湖ビューホテルには、以前、一人で泊まったことがあって、これなら家族で来てもいいだろうと思っていた。若干設備が古めではあるが、食事が付いていても意外と安いし。

観光に便利なロケーション

白樺湖の観光に便利な場所で、目の前にはテディベア博物館ガラス美術館などがあるし、少し歩けば白樺湖観光センターそば処緑苑さんもある。

もっと足を伸ばせば、白樺湖周辺を開発している池の平ホテルや池の平ファミリーランド、白樺湖唯一のコンビニであるローソンなどにも行ける。そのあたりまでは1kmもないくらいか。湖畔の散歩がてら行ける範囲だ。

和洋室に宿泊

今回は家族連れだったので、和洋室に宿泊した。

白樺湖ビューホテル 和洋室1

人数に合わせて、ベッドが2台、エクストラベッドが1台 (ソファーベッドにマットが敷かれていた)、布団が2セット敷かれていた。

白樺湖ビューホテル 和洋室2

若干、手狭な感じはするけど、家族5人で滞在するならこんなものか。

ただ、どうも部屋が暑すぎるのが困ったものだった。というのも、部屋の中にある暖房から暖気が漏れ出ていて、止めることもできず、フロントからは窓を開けるかクーラーをつけるかして調整してほしいと言われた。

まあ、標高1,400m級の場所だから、それなりに冷えるし、暖房があることはありがたいのだが・・・うっかり温めすぎたから冷やそうというのは本末転倒かと。無駄なエネルギーを使っている気がしてならない。

寝るときに窓を開けて寝ると寒すぎる可能性があったから (予報では-6℃とかいう日もあったし)、クーラーを付けて寝たんだけど、どうにも寝苦しくてよく眠れなかった。そこは残念だった。

食事はバイキング!夜も、朝も!

このホテルは食事がバイキングになっている。この日は信州サーモンフェアなるものが企画されていた。

白樺湖ビューホテル 信州サーモンフェア

なんと、アルコールも飲み放題だったりする。

白樺湖ビューホテル バイキング 飲み放題

ビールや日本酒、ワインもあり、種類は少ないが心ゆくまで飲んで食べていける。もちろん、ジュースやコーヒーなどもある。

色々なものを食べるもよし。勝手に海鮮丼とかの創作料理をするもよし。

白樺湖ビューホテル バイキング

食べ物の品数は多く、バイキングの割にちゃんと美味しくて、子どもたちは次々とおかわりを所望していた。調子に乗った?息子は、よほど寿司が気に入ったのか、実際に吐くまで食べてたし。アホかと。

毎日、毎日、朝も晩もバイキングである。フードファイトな日々だった。

私も食べすぎ飲みすぎで、帰ってきたら2kgくらい太っていた。

その他の設備

お風呂は温泉であり、1日2~3回は入ったか。泉質が柔らかい感じがして、肌がすべすべになった。

あとはお土産屋コーナーは言わずもがな、カラオケやゲーセン、卓球台もあったりして、昔の温泉旅館のイメージがする。

ロビーは広くてカウンター席もあり、滞在中はちょくちょく利用した。主に書物をしたりブログの記事を書いたりするために。よく冷えた白樺湖の水 (飲用)が用意されていて、温泉上がりにガブガブ飲んだりもした。

おわりに

小さい子もいるし、そんなに朝から晩まで出歩くでもなく、割と部屋でゆっくりくつろぐ時間も多かった。滞在するにはいいホテルだったと思う。

家族からもホテルでの滞在は概ね好評だった。

もしまた行くようなことがあれば、そのときは和洋室じゃなくて和室にしようかな。和洋室だとベッドがある分、どうも無駄に空間が使われている感じがして、狭い感じがしたのだ。これなら段差もない和室の方が広々と過ごせる気がした。

私もゆっくりすることができたし、よき滞在となった。

白樺湖ビューホテル

おでかけ

Posted by junchan