32インチのWQHDモニタが手頃な感じがしていて、運命の出会いを感じ、ポチってしまった話

去年から自宅で作業する時間が増えたこともあり、数年ぶりに外部モニタを購入した。

年初ごろに買った、24インチのフルHDモニタで、仕事で使う分には全く申し分ないスペックだ。

新型コロナの影響もあり、今、プロジェクトに参画しているクライアントさんの仕事がフルリモート体制になってから、ますます自宅で作業する時間が増えた。

モニタを1年半ほど使ってきて、それほど不満はないのだけれど、自宅で作業する時間が増えるほどに、さらによいモニタを使いたい欲求が増してきている。

フルHDでも問題ないのだけれど、その更に上の解像度のモニタがあったらもっとやりやすいのかな、などという欲が出てきはじめたのだ。

ちなみに、解像度でいうと、

  • HD (1,280×720)
  • フルHD (1,980×1,080)
  • WQHD (2,560×1,440)
  • 4K (3,840×2,160)

の順に大きくなっていく。もっと細かい区分もあるけど、ここでは気にしない。

WQHDとはQHDともいい、Qはクワッド (4を意味する)である。つまり、HDの4倍ということだ。試しにHDの縦横を2倍したらWQHD (QHD)となるのがわかるだろう。縦横が2倍なら面積は4倍である。

ついでに言うと、4KはフルHDのだいたい4倍だ。

4Kモニタの価格もこなれてきていて、その影響かWQHDくらいのモニタがとてもいい具合のお値段になっている感じがする。

なお、解像度が上がると表示できる情報が増える分、文字は小さくなる。私のお仕事はほぼ文字を読み書きするものだから、文字が読めないようなら話にならない。もちろん、パソコン側で文字の大きさを調整すればよいのだけれど、それだと解像度を上げる意味がない。

だから、解像度を上げるなら、モニタサイズのインチアップも同時にしたい。解像度が同じでも、モニタのサイズが大きくなれば、単純に文字も大きくなるからだ。

そうやって考えていると、32インチのWQHDくらいが値段的にも見た感じでもいいのではないか、という気がしてきた。

Amazonなどを見てもその辺がバリューゾーンな感じがして、ちょっとマジで32インチQHDを狙おうかな、と思いはじめた。

きっとモニターアームも欲しくなっちゃうんだろうから、その辺も一緒に物色している。

HPダイレクト 週末限定セールで運命の出会い

そんなことを夢想していたときに、ついついこんなものを見つけてしまった。

HP Pavilion 32 QHD ディスプレイ キャンペーン

HPダイレクトがやっている週末限定セールの中で、QHDモニタが半額以下になっているのである。

「Pavilion Gaming 32HDR Display」が23,800円 (税抜)、だと?

同程度のスペックのモニタの市場価格と見比べても安いくらいだと思う。

32インチWQHDモニタは、だいたい3万円くらいからのようだから、すごくお値打ち感がある。

しかも、ゲーミングモニタに分類されるものだから、リフレッシュレートが75Hz、応答速度は3msと、表示速度からすると通常のビジネスモニタより性能がよかったりする。多分、色味なんかもよいのだろう。

この4月に終売したモデルのようだが、それにしても私の用途からすると十分なスペックだと思う。

スピーカーはないようだけど、私はヘッドセットを持っているし、なんならサウンドバーをつければいいし、そこまでスピーカーは必須要件ではない。

モニタアームにも対応しているし、もうこれで十分なんじゃね?と思えてきた。

ので、ポチった。

HPダイレクトでお買い物をするのはこれで4度目だから、手慣れたものだ。

パソコンも2台続けてHPだし、ChromebookもHPのものを持っているし、今度はモニタもHPときた。大学生のころにやっていたバイトで、HPの販売員をやっていたこともあり、そのころからなんだかHPというメーカには腐れ縁を感じている。

実際、いいものを作っていると思うし。

週末限定セールでポチったこともあり、納期がいつになるかはまだわからないが、早く届くといいな、といったところである。在庫があればだいたい1週間で届くから、そのくらいで来てくれると嬉しい。