SHARP製エアコンは、アプリ「COCORO AIR」を使うと、稼働状況をモニタリングしたり、リモコン代わりに電源のON/OFFすらできて面白い

2020-09-03

ようやく雨も上がって、一気に暑くなってきた。

GW明け早々にエアコンを設置してから、ちょくちょく使っていた程度だったのだが、ようやくエアコンが本格的に稼働しはじめた。

エアコン設置完了!

ちなみに、うちについているエアコンはSHARP製の「AY-J40D-W」という、14畳クラスのエアコンだ。

新しいエアコンなだけあってか (型落ち品ではあるが、それでも2019製だ)、スマホのアプリ「COCORO AIR」で操作することができる。

これまでエアコンの動作データなんか見ることはなかったのだが、そういうのもアプリから見ることができるようになっている。

今朝の9時前ごろで、室温29℃、湿度61%だったらしい。

こういう情報がすぐに見れる。

さらに、右上の「・・・」メニューを開いてみると、更に細かい情報を見ることができる。

例えば、このメニューの「エアコン運転履歴」を開いてみると・・・

特定の日の温度、湿度の遷移と、エアコンの稼働状況がグラフで見ることができる。

この日は朝からエアコンをつけていて、昼の一番熱くなる13〜16時くらいにガンガン電気を使っているのがわかる。

また、メニューの「電気代」からは・・・

今月の何日の電気代がいくらになったかを見ることができる。

「月間」と「年間」というタブがあって、「月間」なら日別、「年間」なら月別で電気代を見ることができる。

ちなみに、右下の「電気料金単価入力」ボタンをタップすることで、電気代の元になる単価の入力もできる。

目安で十分だから、ひとまずデフォルト値のままにしている。

こんな感じで、エアコンの稼働状況や、それにともなう電気代がどのくらいかかっているのか、というのがモニタリングできるのが面白い。

なお、このアプリ「COCORO AIR」から、エアコンの電源ON/OFFだってできる。

設定温度を変えたり、タイマーを設定したりすることもできる。

今のところ、あまり使うことはないが、予め部屋を冷やしておきたいときなんかに使えそうだ。

アプリと連動することで、スマホでエアコンの稼働状況をモニタリングしたり、電源のON/OFFができるとか、ちょっと近未来に来た感じがしてしまった (笑

なお、空気清浄機なんかも対応機種があって、それもまたこのアプリで電源のON/OFFや、加湿機能のON/OFFなども操作できる。なかなか面白い。