「ベルボン EX-530 II」はじめて買ったカメラ三脚。しっかりした作りで、使い勝手もよさそう。

動画撮影は、自立する自撮り棒にスマホをつけて撮影していたのだけれど、そろそろ三脚があるといいかな、と思うようになってきた。

三脚があれば手持ちのデジカメ (Canon EOS 70DやCanon PowerShot G7X)でも動画撮影できるようになるし、幅が広がると思ったのだ。

カメラの三脚なんか買ったことも使ったこともないので、どういうものがいいのかよくわからなかったのだけれど、三脚の大手ぽいVelbon (ベルボン)というメーカのものを買ってみることにした。

メーカを絞ってみたところでさらに色々な種類があって、選び疲れる (苦笑

基本的には室内でカメラを固定してくれればいいので、だいたいなんでもいいやということなのだが。

いくつか見ている中で、そこそこのグレードで新作ぽいのを選んでみることにした。「EX-530 II」というものである。

姉妹品が計4種 (「EX-530 II」「EX-540 II」「EX-630 II」「EX-640 II」)あったが、足が3段か4段かの違いだったり、全高の違いだったりするようだ。

それほどこだわりもなく、全高は1,570mmもあればいいし、3段の方が剛性も高そうなのでこれでいいや、と。スマホホルダやリモコンも付いてくるので、自撮り棒の代わりに使えるかもしれないし。

そんな感じで、楽天のお買い物マラソンに便乗して「EX-530 II」という三脚を買ってみた。

この三脚の全高など細かいスペックについては、HPを参考にしてほしい。

マップカメラ楽天市場店で手配したら、2日で届いた。

Velbon EX-530 II 外箱

早速、開封してみる。箱の中身はこれだけだった。

Velbon EX-530 II 中身
  • 三脚本体
  • バック
  • スマホホルダ
  • スマホリモコン
  • 説明書&保証書

実にシンプルだ。

早速、三脚を立ててみる。

Velbon EX-530 II 本体

下の1段を一番伸ばして立ててみたらこんな感じ。

足を伸ばすときも、足を広げるときも、引っかかる感じがなくスッと動いて、加工技術の高さが伺える。

しっかり立っていて、ぐらつく様子がない。

これまで三脚というのを使ったことがなかったので、こういうものかと少し感動する。

カメラの三脚だから、これで全部といえば全部だ。

あとは付属品。まずはスマホホルダ。

Velbon EX-530 II スマホスタンド

横に引っ張ってスマホを挟み込むタイプ。

結構、閉まる力が強くて、スマホを一人で挟み込むには力が必要だ。

スマホを外すときも結構たいへんだった。指の皮を挟んでしまって、若干負傷してしまった。

Velbon EX-530 II スマホスタンド 立てる

スマホスタンドは背面と、この写真でいうと下の面に、三脚本体に取り付けるためのネジ穴が空いている。

本体に取り付けなくても、自立するスタンドが付いていて、こんな感じに立てかけることもできる。

この部分はくるくる回すことができて、スマホを縦長にも横長にもおける。

ただ、私のスマホPixel 4aでは、横長状態で置こうとしたらうまく置けなかった。電源や音量ボタンの都合でど真ん中に挟み込むことができず、重量バランスが悪いのだ。その状態だと必ずコケてしまう。縦長では置くことができた。

私がスマホを使うときは、本体に取り付けて使うことになりそうだ。

スマホ用のリモコンはこんな感じ。だいぶ小さい。

Velbon EX-530 II スマホリモコン

スマホとBluetooth接続して、シャッターとして使うことができる。

なお、実体としては、リモコンのスイッチを押すと、スマホの音量ボタンを押すよう指示を出しているだけなので、スマホによってはシャッターを切ることができず、音量の操作になってしまうだろう (Pixel 4aではシャッターとして使える)。

Velbon EX-530 II スマホリモコン 本体に装着

リモコンにはホルダが付いていて、本体にベルトで固定することができる。基本的にこの状態で付けておいてよさそうだ。

三脚を持ち運ぶようのバックもついているから、仕舞っておくときはバックに入れておいてもよいだろう。

生まれてはじめて三脚というものを買ってみたのだけど、カメラを載せて構えてみると、ちょっと大人になった感じがする。

ひとまず動画撮影に使うつもりで買ったけど、どこかにドライブに出かけるときや、子どもの運動会のときなどに使えるかもしれない。

色々と試してみよう。