ハイボールを気軽に作るために、定量ポーラーを試してみる。簡単に計量できるから、これなら続けられそうだ。

先日開催されていた、楽天のお買い物マラソンで、数年ぶりにアイラモルトを買ってみることにした。

ラフロイグの10年だ。これが送料込みで4,000円くらいなら悪くないんじゃないかと思った。

ラフロイグ 10年

大学の頃、先輩からウィスキーを教わって、随分とウィスキーを飲み比べていた時期があった。

当時からアイラ系のスモーキーなものが好きで、ラフロイグも好きな銘柄の一つだった。

最近はブランデーや米焼酎などに好みが寄っていて、ウィスキーを買うこともほぼなかったし、特にアイラ系なんて手を出してなかった。そう思うと、こうしてラフロイグを手にするのは、本当に何年ぶりだろうか。

ラフロイグはストレートやロックで飲むのがいいが、個人的にはハイボールにするのもいいと思っている。

暑くなってきているし、ちょっと贅沢なハイボールを楽しむのもいいだろう。

そんなことを思いながら、でもいちいち計量するのも面倒だよなぁと思っていたところで、ちょうどいいアイテムを見かけた。

定量ポーラー」だ。

これなら1オンス=約30ml単位でウィスキーを出すことができる。

これまでメジャーカップを使っていたのだけれど、サクッと作るなら定量ポーラーもいいんじゃないかと思い、一緒にポチることにした。

定量ポーラー

これをウィスキーのボトルに直接差し込んで使う。

ラフロイグのボトルにはいい具合にはまってくれたようだ。

ラフロイグの瓶に定量ポーラーをセット

あとはこのままグラスに注ぐだけでいい。

一定量 (1オンス)出たところで、ピタッと止まる。

どういう仕掛けなのかはよく知らないのだが、やってみると面白いものだ。

別にそこまでして計量する必要もないのだけれど、どのくらいのアルコールを飲んでいるかを日々ウォッチングしているので、こういうのがあると助かる。

早速、今夜はこれを使って、ラフロイグでハイボールを作って飲んでみた。

スモーキーな香りを感じながら、炭酸でシュワっと飲むことができる。うまい。

こんなに気軽に作れるのなら、面倒くさくて作らなくなる、ということもなさそうだ。

ちょうどいいアイテムが手に入ったことだし、今年の夏はハイボールも色々と楽しんでみるとしよう。

レビュー

Posted by junchan