「科野の里歴史公園」で長野県最大の古墳「森将軍塚古墳」などを散策しながら、当時の人の生活を想像した

息子に「古墳時代のサバイバル」という本を買ってやったら、何度も読み返していて、だいぶ古墳の知識が頭に入っているようだった。

そういうことなら、実際に古墳に連れて行ったら面白いかと思い、古墳くらい近所にあるだろうと検索してみると・・・

千曲市に「森将軍塚古墳」という、長野県最大の古墳があるというではないか。

千曲市ならうちからも比較的近いし、古墳に関する博物館もあるようだし。ここに行けば古墳のことがもっとわかるんじゃないか、と期待して行ってみることにした。

科野の里歴史公園

よくも調べず、とにかく古墳を見ようと思って向かってみたら、森将軍塚古墳は「科野の里歴史公園」という公園の敷地内にあった。

この「科野の里歴史公園」は、「森将軍塚古墳」の他に「長野県立歴史館」や「科野のムラ」といった施設もあった。

科野の里歴史公園 案内図

こういうものは現地に行ってみるまで案外わからないものだ。

森将軍塚古墳

早速、「森将軍塚古墳」から見ていってみる。

古墳までは公園内を走るバス (有料)に乗っていった。

森将軍塚古墳

ここでは実際に古墳の上を歩き回ることができた。

丘の上にあるし、天気も良いしで、見晴らしが素晴らしくよかった。

古墳を見たあとは、「森将軍塚古墳館」に行って、こちらの古墳に関連する情報収集をした。

科野のムラ

「森将軍塚古墳」と「森将軍塚古墳館」を堪能したら、「科野のムラ」にも行ってみる。

科野のムラ

ここは縄文時代~古墳時代あたりの村をイメージして住居や田畑を再現したもののようだ。

実際に住居や倉庫に入ったりもできた。

昼食休憩

「科野のムラ」を回ったところで、お昼時になった。

このままどこか食べに行ってもよかったのだけれど、「科野の里歴史公園」には一面芝生なところがあって、目の前にはコンビニがあったから、コンビニで昼食を調達して、ここで食べていくことにした。

芝生でくつろげる

天気も良くて、気持ちよかった。

お手軽なピクニック気分。

ちょいと疲れたので、芝生に寝転がると本当に寝そうだった。

でも、寝転がっていると、なぜか子どもたちが飛びかかってくる。

子どもたちに飛びつかれる母親

子どもたちは、しばらくするとじゃれているのに飽きたのか、その辺に走り去っていった。

長野県立歴史館

芝生で休んだら、「長野県立歴史館」に向かう。

息子が興味を示し、行ってみたいというので、せっかくだから行ってみるか、と。

長野県立歴史館

歴史館は常設展と企画展があって、これもせっかくだからとどっちも行ってみることにした。

精巧な縄文土器を見たり、大量の展示物を見たりしながら、古代~近世の人々の生活を想像した。

おわりに

ただ古墳を見ようと思ってやってきたのだけれど、思いの外いろいろと見どころがあって、子どもたちと一緒に楽しむことができた。

歴史公園と銘打っているだけあって、こちらの施設を見て回っていると、歴史を感じるというか、当時のこの辺で暮らしていた人たちの生活を想像させられた。

当時の気候がどうだったのか知らないけど、もし今に近いんだとしたら、-10℃の世界をどうやって過ごしたんだろうな、とか。

えらく精巧な土器を作っているけど、どんな職人がいたのかな、とか。

そんなことを考えながら、公園をぐるりと巡ったのだった。

科野の里歴史公園

おでかけ

Posted by junchan