女神湖でスワンボートに乗ってきた。湖の上から蓼科山や白樺高原国際スキー場が見えて、とてもきれいだった。

お昼ごはんでも食べに行こうとお出かけして、そのままフラッと女神湖までやってきた。

前に来たのは秋口で、結構寒かった覚えがある。

今日はかなり暖かくて、湖畔で過ごしていて気持ちいいくらいだった。

女神湖という名前なだけあって、ちゃんと (?)女神像があったりする。

ここの女神は「勝利の女神」的な女神だそうで、フラッと来た我々に、何かに勝てと言っているようだ。

少し風があったけれど、静かな湖を眺めていると心が洗われるようだった。

子どもたちは湖に浮かんでいるボートが気になるようで、乗ってみたいと騒いでいた。

女神湖のそばには、「女神湖センター」という、お土産やらお食事やらができる施設があったりする。

ここで先のボートなんかも借りることができるようになっていて・・・

なんと、今日は「プレオープン」だったそうで、1,800円→1,000円になっていた。

これはもう女神に乗っていけと言われているのだろう。

そういうことならばと、家族5人で乗れるのかわからないけど、ひとまずボート乗り場の方に行ってみる。

ボート乗り場は、先の「女神湖センター」に入って突き進むといいらしい。

階段を降りると受付があって、ここでチケットを買えるようになっていた。

ボートやカヤック、カヌーもあるそうだ。家族連れだとそういう遊びはできそうにないけど、機会があったらそういうのにも挑戦してみたいところ。

我が家は子ども含めて5人だったから、「サイクルボート」というタイプのものになるようだった。

受付を済ませると、30分ぐらいしたら戻るように言われ、桟橋の方に向かう。

桟橋に出ると、そこにいたおじさんがボートを引っ張ってきてくれた。

この14号が我々が乗り込むボートだ。

頭上に注意して、と言われて乗り込んだんだけど、普通に頭を打った。

私にとっては、そのくらいには狭かった。

まずは私が乗って、子どもたちが乗って、最後に奥さんが乗った。

私と奥さんは漕ぎ手として、ペダルが与えられた。

これを漕ぐことで前に進んだり、後ろに進んだりすることができる。

真ん中の座席にはハンドルがあり、息子に舵を任せることにした。ちなみに、なかなか慣れないみたいで、だいぶグダグダだった。

湖の上だと風が吹きっさらしなので、放っておいても流されていくから、舵をうまく切りながら漕ぎ続ける必要があった。

風向きによるのか、湖面の状態によるのか、ペダルの重さがちょいちょい変わる。重くなったり、軽くなったり。とにかく、奥さんと2人でひたすら漕いでいた。

そうして女神湖の上をあっちへふらふら、こっちへふらふらと漕ぎながら、景色を楽しむ。

舵を切ると、意外とぐるぐる回るから、なかなか景色の切り替わりが早かった。

どこを向いてもきれいだった中で、とりわけ私はこの向きの景色が気に入った。

遠くに蓼科山を望み、その手前には白樺高原国際スキー場があって、女神湖センターも見える。

湖面からシームレスに山までつながっていく景色が爽快だ。

そんな感じで、湖面にいる鴨の群れと並走したりもしながら、湖の上を楽しんだのだった。

ボートのレンタルは30分できたのだけれど、20分くらいしたところで桟橋の近くまで戻ってきてしまったから、そのまま返すことにした。

なお、この間、私と奥さんはずっと漕ぎ続けていたものだから、意外と忙しなかった気がする。20分も漕ぎ続けると、それなりに疲れたのだった。

女神湖

おでかけ

Posted by junchan