久しぶりに「HP Chromebook x360 14b」を引っ張り出して打ち込んでみると、キーの硬さを感じたのだった

すごく久しぶりに「HP Chromebook x360 14b」でガッツリと文章を打ち込んだ。

というのも、富士通の「FMV Chromebook WM1/F3」を買ってからというもの、ほとんどお蔵入りしている状態になっていて、たまにChrome OSのバージョンアップをするために起動するのにとどまっていたのだ。

そんな状況だったのだが、たまたまとある作業しようとしたときに、近くにあったのが「HP Chromebook x360 14b」だったから、たまにはいいだろうと、それを使ってみることにした。

HP Chromebook x360 14b 本体

久しぶりに使ってみて思ったのは、パフォーマンス的にはまるで問題を感じないな、ということだ。

確か本機は3年前くらいに発売されたものだったと思うのだが、さすがChromebookというべきか、通常操作をする上では十分に快適なのである。

久しぶりに使ってみても、全く動作に違和感がない。

若干、気になったのが、「こんなにキーが重かったっけ?」ということである。

普段遣いしている「FMV Chromebook WM1/F3」は、キーボードに力を入れているだけあって、かなりキーを打ちやすい端末だと思っている。

FMV Chromebook WM1/F3の日本語キーボード

あと、日常的にはWindowsを使う時間が長く、キーボードはロジクール「KX700 MX Keys Mini」を使っている。

ロジクールMX Keys Mini 内容物

この富士通とロジクールのキーボードは、比較的軽いタッチですらすらと打てるタイプのキーボードだ。指がキーに引っかかることもなく、軽やかに打てるイメージ。

これらのキーに慣れている今となっては、「HP Chromebook x360 14b」のキーは硬くて重い感じがしてしまった。

一番よく「HP Chromebook x360 14b」を使っていたころには、そこまで重いと思わなかったが、こうして久しぶりに取り出して使ってみると、その差は歴然としている感じがした。

「HP Chromebook x360 14b」も決して悪くはない。キーの配置もいいし、打ちにくいものではない。若干、エンターキーが細くなっているとかはあるが、許容範囲。

そうなんだけど、キータッチの快適さを思うと、やはり「FMV Chromebook WM1/F3」に軍配が上がるのだった。

感覚的には、多分「HP Chromebook x360 14b」よりは、「FMV Chromebook WM1/F3」で文章を打った方が速いのだろう。

キーボードの違いでこれほどUXに違いを感じさせるとは、さすが富士通と言うべきか。

久しぶりに使ってみたからこそ、違いがわかったことだった。

とまあ、「HP Chromebook x360 14b」を上げて落とすような記事になってしまったが、今でも気に入っている端末だし、名機だと思っている。

使う機会が減ってしまったが、たまにはまたこうして取り出して使ってやりたい。

Chromebook

Posted by junchan