大三島のお土産に大三島煎餅。日持ちするし、おすそ分けしやすい。もちろん、うまい。

大三島に帰省したときは、だいたい大山祗神社を参拝して、「神島まんじゅう」を食べる。

この「神島まんじゅう」はお土産にもよいが、もう一つオススメのお土産がある。

それは大三島堂さんの「大三島煎餅」だ。

大三島せんべい

「道の駅 多々羅しまなみ公園」など、島内でお土産が買えるお店ならだいたい置いていると思う。

このパッケージだと2枚で1袋の個包装になっていて、おすそ分けするのにもいいだろう。

賞味期限は2~3ヶ月くらい。

値段は忘れたけど、昔からあるお菓子だから、今どきの観光地用のお土産に比べるとかなりコスパはよい。

大三島せんべいは2枚で1袋の個包装

煎餅本体はこんな感じ。

大三島煎餅

この形状、八角形に波線3本は、大山祗神社の神紋と呼ばれるもの。

家には家紋があるように、神社にも紋があって、大山祗神社はこの形だ。

ちなみに、「隅切折敷縮三文字 (すみきりおしきちぢみさんもんじ)」というそうだ。

さて、大三島煎餅は煎餅とあるが、米菓子の煎餅ではなくて、小麦でできている。

原材料は「小麦粉、砂糖、卵、はちみつ」とあるように、味としてはクッキーのような感じだと思ってもらっていい。

最初の食感は固めなんだけど、かじると口の中でボロボロと崩れていく。

程よい甘さがよくて、食べだしたら次々と食べてしまいそうになる味だ。

今回の帰省ではこの大三島煎餅を買って帰っていて、懐かしい味を噛み締めている。

最近になって次々と開発されている観光地用のお土産もいいけど、島で生まれ育ったものとしては、昔からずっとあるこの手のお菓子を食べてほしいとも思う。

未分類

Posted by junchan