タイガーのコーヒーメーカー「ADC-N060-K」でコーヒーライフを変えてみよう

Amazonのタイムセールでいろいろ見てる中に、コーヒーメーカーがあったから、試してみることにした。

コーヒーは毎日飲んでいて、基本的にドリップバッグのものを通販でごっそり仕入れて使っている。これが手間が少なくてよいからだ。

ごくたまに粉のレギュラーコーヒーをもらうことがあるから、ドリッパーで入れることもあるが、それは本当に稀。

そんなわけで、コーヒーメーカーなんて使ってこなかったんだけど、ちょうど執務室でお湯を沸かすのに使っているものの調子が悪くなってきたので、その入れ替えでコーヒーメーカーを導入してみるかと思ったのだった。

買ってみたのは、タイガーのコーヒーメーカー「ADC-N060-K」である。

タイガー

4,500円くらいだったし、最悪お湯を沸かしてくれればいいかと。

本体はコンパクトで、構造も簡単だし、手入れも簡単そうだ。

本当にシンプルなもので、言うなればお湯を沸かす機能しかないようだ。電源をONにしたら、タンクの水を吸い込んで、沸かして、ドリッパーに落とすだけ。タンクの水がなくなっていても気にしないらしく、電源を自動的にOFFにすることもしてくれない。

おかげで、ドリップしている間はちょくちょく見てないといけないようだ。

タイガー コーヒーメーカー ADC-N060-K

あと、このコーヒーメーカーがよいと思ったのは、ポットがステンレスなところだ。

これまでガラス製のポットを何個割ったかわからない我が家としては、これはいいんじゃないかと思えた。

ステンレスのポット

タイガーな割に魔法瓶ではないのは残念だが、すぐに飲むからいいだろう。

また、付属のトレーを使えば、マグカップに直接ドリップすることもできる。

マグカップにも直接抽出できる

いつもドリップバックで1杯ずついれているんだから、これは使える気がする。

102のペーパーを、マグ1杯入れるために使うのはもったいない気がしてしまうが、これまでやってこなかっただけで、そういうものだと思えばいいかな?

コーヒーメーカーで入れるようにするのだから、2~3杯分入れる運用にしてもいいし。その辺りは使いながら考えよう。

ここ数年はドリップバック縛りにしていたから、扱える豆の種類が比較的限られていたが、粉のレギュラーコーヒーも扱えるようになったら一気に選択肢が増えるし、入手もしやすくなる。

だいぶ寒くなってきて、ホットコーヒーを飲むようになったことだし、この冬はこれまでと違った形でコーヒーを楽しむとしよう。

レビュー

Posted by junchan