「読みたいことを、書けばいい。」という本を読んで、著者が読みたいことを書いた本なんだな、と思った

久しぶりにビジネス書を一気読みしてしまった。

「読みたことを、書けばいい。」という本だ。

「読みたいことを、欠けばいい。」

非常に真面目に大事なことを書いている中で、ところどころ筆者の味が出ており、面白くて続きが読みたくなる本だった。

本人はビジネス書だというつもりはないのだろうが、十分ビジネス書だと思う。

本書を読んでいると、著者が、書きたいことを書いちゃってるんだなーと思うところが多々あって、それがまた面白い。

なんか、このくらい書きたことを書いてもいいんだなと思える本だった。

そういえば、私が好きなとある小説家?の文章もそんな感じだ。書きたくて書いてるんだろうなってやつ。

自分自身が、読んで楽しいか。楽しめているか。また読みたいと思うか。そういう文章を書けているか。

本書を読みながら、そんなことを改めて思った。

振り返ってみると、この記事なんかは今でも読むとニヤニヤする。

他の誰にもわからないかもしれないけど、私にとってこれは面白い文章になっているのだ。

そういう文章をまた書いてみたい。

未分類

Posted by junchan