庭に植えたじゃがいも「デストロイヤー」の芽 (らしきもの)が、ぐんぐんと成長してきている。葉の色はすごくきれいな緑色で、蕾らしきものも見える。

先日、庭に何かしらの芽が出ているっぽいのを奥さんが見つけた。

どうも、この2~3月ごろに適当に庭に蒔いたじゃがいもから生えてきているような感じである。

5つほど見つけたそうで、奥さんは早速その辺を耕して、畝を作り、植え替えてみていた。

あれから3週間ほど経ってみて、畝に植え替えた芽はにょきにょきと成長している。

じゃがいも「デストロイヤー」だと思われる芽たち

最初に埋まっていたのは5つだったが、その後、さらに1つ生えているのを見かけて、6つになった。

それからしばらくしたら、さらにもっと生えてきているようだ。畝の脇の方からもにょきにょきと出てきている。

初期の6つ以外は畝に移し替えたりせず、ひとまず放置している。

じゃがいも「デストロイヤー」だと思われる芽

朝に水やりをするときに観察していると、この葉の緑色がとてもきれいだと思う。とても気持ちのいい色合いだ。

畝にあるものの中には、小さな蕾らしきものが出てきているものもあった。

じゃがいも「デストロイヤー」だと思われる芽につぼみが

おそらくこれは蕾で、これから花が咲くのだろうが、今のところ、他の芽には見当たらないし、この蕾もすぐに広がることはなさそうだ。

適当に植えて、気が向いたら適当に水やりをしている程度なのだが、いい具合に育ってきている感じがする。

この調子で実をなして欲しいものだ。

未分類

Posted by junchan