誕生日を迎えて思うこと。具体的にこうすればいいんじゃないか、とまでは明確になってないが、引き続き模索する姿勢でありたい。

今日は私の誕生日だ。

だからといって特に何か特別なことをしたわけでもなく、ここしばらく続けている週末の過ごし方をしただけという感じだった。

どうも家族にすら気づかれてなかったようで、ここまでガチで忘れられていたのははじめてだと思う。

生後100日は祝ってもらえても、40年は祝ってもらえないものか・・・orz。

それはさておき、世の中はまた大きな変わり目を迎えていると思っている。

特に新型コロナの影響は大きく、また違うフェーズに世の中はシフトした感じがしている。

それでもなお、前のフェーズでの考え方に基づき、前のフェーズになんとか戻そうとみな躍起になっている感じもしている。

去年の誕生日には思いもしなかった激変の時期で、改めて去年の今日から今年の今日に至る1年のことを思うと、その前の1年に比べてものすごく変動が大きかった。

仕事も変われば世の中も変わるし、おかげでライフスタイルも大きく変わった。

個人的には、前のフェーズに戻す動きはナンセンスな感じがしていて、何か違うところに向かう必要がある気がしている。

それが具体的に何で、どこなのかはわからない。

ただ、同じ山を登るのはもうやめたらいいんじゃないか、と思うばかりだ。

結局のところ、人生とはそんなものなのかもしれない。

今登っている山がどうもよくないと思ったら、次に登る山を決めて、登っていくのだ。

どうもよくないと思っている山を、ずっと登り続けるのもダメではないが、どうもよくないなら別の山を登った方がいいんじゃないか、というのが私の考えである。

放っておいたら誰かに登る山を決められるのが世の常だから、自分で登る山を決めた方がいいし、その責任も自分で取った方がいい。

次の1年は、どの山を登るのだろうか。いま時点ではまだなんとも言えないし、振り返ってみたら、この山を登ってたのか、と思うものだったりするのだけれど。

道を決められる人でありたい。

未分類

Posted by junchan