朝の新幹線通勤。長野の自宅から東京まで2時間で到着する。朝起きてから東京に着くまでのスケジュール感はこんな感じだ。

今日は長野の自宅から、都内にあるクライアントさんのオフィスに出勤する日だった。

私は個人事業主で、クライアントさんと業務委託契約を結んでいる、という関係なので、「出勤」というと違和感があるのだが、一般的に言って「出勤」という言葉が馴染みよいと思うので、あえて「出勤」と呼称することにしよう。

こういう日は、だいたいこんな感じで朝がはじまる。

まず6時過ぎに起きて、出発の準備をする。私の出発に合わせて息子を幼稚園に連れて行くので、息子の着替えや支度も同時進行する。ついでに娘のお着替えも同時進行している。

正直な話、私だけ準備して出ていくのなら大して時間はかからないのだが、子どもたちにも合わせる必要があるので、結局、出発までに1時間くらいかかる。

それから地元の在来線に乗り、新幹線に乗り換えて東京に向かう。

だいたい、ここ数週間の自宅から出勤する日はそんな感じである。

もう少し具体的に、時系列で書くとこうなる。

  • 6:15 起床。最近は、娘が起きるなり私の布団の中に入ってきて、5分ぐらい会話にもなってない会話をするのがお気に入りのようだ。娘が満足するまで付き合う。
  • 荷物の準備をしたり、プロテインを飲んだり、朝食を軽く食べたり、息子の相手をしたり、娘の相手をしたりする。
  • 7:20 出発。家族みんなで車に乗って、最寄り駅 (しなの鉄道「御代田駅」)へ向かう。道すがら、ゴミを回収所に置いていくこともある。
  • 7:25〜30 御代田駅到着。家族と別れて駅へ。きっぷを買って、電車を待つ。最近は氷点下の日も多いから、ホームで待っていると結構寒い。
  • 7:40 電車に乗って、「軽井沢駅」に向かう。
  • 7:55 軽井沢駅に到着。ここで北陸新幹線に乗り換える。乗り換えまで時間があるので、駅構内の待合室でTwitterを眺めたり、ブログの原稿を書いたりする。
  • 8:14 北陸新幹線に乗って軽井沢駅を出発。出発前にドリンクを買ってから乗ることが多い。
北陸新幹線で飲むそば茶がうまい

ということで、7:20に自宅を出て、9:20には東京にいるという感じだ。

そこから半蔵門にあるクライアントさんの事務所に向かうと、10時までには仕事をはじめることができる。クライアントさんの始業時間は10時だから、ちょうどいいくらいの時間である。

時間的にもそれほど無理なく通えるし、新幹線の中で集中してひと仕事できるし、何より北陸新幹線の移動は快適だ。ちょっと遠方から同じくらいの時間をかけて通勤している人よりはゆったり過ごせているだろう。

長野の自宅から出てきて、東京のクライアントさんのオフィスに行く日は、だいたいこんな朝を過ごしている。

こちらの記事もどうぞ!

未分類

Posted by junchan