Notionが無料で!文書管理サービスの決定版なるか!?大きなポテンシャルに期待大

2020-09-03

Notion」という文書管理サービスがある。

文書管理サービスと言ってみたが、これが文書管理サービスなのかというとちょっと、というかだいぶ違う。

Notion

はるか昔に、Evernoteなるサービスができたときに、「これはすごい!」と思ったものだが、Notionはそれを遥かに超えるポテンシャルを感じているのだ。

パッと思いつくだけでも、このNotionを使うと、、、

  • 文書管理
  • プロジェクト管理
  • タスク管理
  • 買い物リスト
  • 買ったものリスト
  • 読書メモ
  • 映画メモ
  • 1年計画
  • 10年計画
  • やりたいことリスト
  • 習慣化支援
  • ネタ帳
  • ブログの下書き
  • メルマガの下書き

などなど、だいたい思いつくことができてしまう。

大げさに言うと、人生で使う文書をすべて置けちゃいそうなサービスだ。

あまりにデキが良すぎて、4月から参画している案件では、Notionを社内標準で使うサービスに推してしまったほどだ。

実際、社内知識を集約するプラットフォームとして有効活用しているし、プロジェクト管理なんかもNotionに移行しはじめている。

そんなNotionが、この5月から、個人使用であれば無料で使えるようになった。「Notion Personal」というプランができたのだ。

若干の制限はあれど、普通に使う分には問題を感じることはないだろう。

この記事の下書きも、このNotionを使って書いてみている。

NotionはMarkdownにも対応しているので、私にとってはとても気軽に書くことができる。

そして、Notionに書いた文書はMarkdownでエクスポートできるから、ほぼそのままブログに貼り付けて使うことができる。

また、Webアプリだけではなくて、WindowsやMacのデスクトップアプリもあるし、AndroidやiPhoneで使えるモバイルアプリもある。

私はWindowsをメイン機として、ChromebookやAndroidスマホを使っているから、どの端末でもシームレスに使えるサービスということで、めちゃくちゃ期待している。

個人的にサービスに登録して、使いはじめたのはつい最近だが、なかなかいい具合に使えそうな予感がしている。

これは面白いツールを見つけたものだ。ガシガシ活用していきたい。