動画撮影に自撮り棒が最高に便利だった。三脚代わりに手軽に使える。持ち運びも便利だし、まさに自撮り棒としての機能を発揮してくれる。

夫婦会議の中で、唐突に動画配信をすることに決めた。

そのためには素材となる動画を撮影する必要があるのだが、このときに役に立ったのが自撮り棒だ。

動画撮影に自撮り棒

私や奥さんは自撮り棒で自分たちの写真を撮る趣味はないので、自撮り棒というジャンルは全くのノーマークだった。

だが、スマホのインカメラで撮影しようと思ったら、三脚のように使える自撮り棒はものすごく手軽に使えそうだった。

しかも、自撮り棒はリモコンもついているから、スマホから離れていても、これを使って録画の開始や終了が操作できる。これは便利だろう。

自撮り棒のリモコン

動画配信はそろそろやろうと考えていたので、自撮り棒自体は先月末くらいに買っていて、実際にスマホを設置して、動画撮影に使えるということは確認していた。

まさかその自撮り棒がいきなり活躍することになるとは。

ちなみに、スマホを固定している部分のアタッチメントを変えれば、一眼レフカメラなども乗せることもできるのだが、、、

自撮り棒の中身一式

我が家にある一眼レフカメラを乗せてみたら、重量バランスの問題か、カメラをうまく固定できなかった。自撮り棒が倒れることはないが、カメラが重たくて「くてっ」とアタッチメントの部分から倒れてしまう。

一眼レフカメラでも使えるといいなーと思ってこの自撮り棒を買ったのだが、その野望は早々に打ち砕かれたのだった。コンデジや軽いミラーレスならなんとかなるかもしれないが、今の我が家にはちょうどいいものがない。

そんな感じで、この自撮り棒は、カメラの三脚として使えなかったのは残念だったけど、スマホで撮影する分には全く問題ない。持ち運びも楽で、とても手軽に設置できる。

公園に行ったときも、この自撮り棒を持っていって撮影してみたが、全く問題を感じなかった。

自撮り棒としての機能を十分に果たしてくれていると言えるだろう。

引き続き、動画撮影時には活躍してもらおう。