ゴーヤの葉が黄色くなったので、苦土石灰を与えて様子を見ることにした

西日の厳しい部屋の窓辺に、グリーンカーテン計画を発動した。

ただ、なかなかグリーンカーテンの構成員たるゴーヤ氏が発芽しないから、ホームセンターで苗を買ってきて、植えたのが先々週の話。

3つ植えた苗は、いずれもピンとまっすぐ伸びたから、きっと根付いてくれたのだろうと一安心したのもつかの間。

今度は葉っぱがどんどん黄色くなってきている。

ゴーヤの葉が黄色い

3つの苗のうち、最も成長している苗なのだが、これはどういう症状なのか・・・

他の2つの苗はここまで黄色くなってないのだけれど、だんだん色が落ちてきている気もする。

植え付けてからそれほど伸びた感じもしないし、日に日に黄色くなって、端っこの方はもはや枯れているかのような様相だし、なんとかしなくてはならなそうだ。

ゴーヤの葉っぱが黄色くなる減少をGoogle先生に聞いてみたところ、どうも栄養不足なのでは説がいくつか出てきた。

細かい栄養素の話はおいておいて、いくつかの記事で「苦土石灰」とやらを混ぜてやればよい、というのを見かけた。苦土石灰療法とでも呼べばいいのだろうか。

そんなわけで、ホームセンターに行って苦土石灰とやらを買ってきて、与えてみることにした。

苦土石灰

プランターならひとまず一握り程度でよさそうだから、こんなにいらなかったのだけれど、一番小さいサイズが5kgだったからやむなし。

早速、適当にプランターにまいて、土と混ぜておいた。

しばらくこれで様子見をしよう。

葉っぱの色が戻ってきたらよいのだが。あと、もっと伸びてくれればなおよし。

未分類

Posted by junchan