美味しい白菜をたんまりいただく。この時期になると、それはもうたくさんいただく。ありがたい。

この時期になると、何かしらいただきものが増えてくる。

家の周りは基本的に農家さんなので、自分の家用や、おすそ分け用に蓄えがあるようだ。

それこそ回覧板を持って行くだけで何かしら貰えそうになる。何も言わなくてもわざわざうちまで持ってきてくれる方もいる。なんともありがたいことだ。

いただいた白菜

この前は白菜をごっそりいただいた。一人で運ぶと腰を抜かしそうな量だった。

これだけの白菜を東京で買うと、結構するんじゃないだろうか。

その辺で採れた野菜なんだけど、その辺というのは、標高800~900mの高原地帯で、社会科の教科書で「高原野菜」とか学ぶところであり、要はそれだけでちょっと値が張るもののはずなのだ。

もちろん新鮮でうまい。

キャベツをいただいたり、ネギを頂いたり、その前は袋いっぱいにじゃがいもをいただいたり、4人家族でどう消費していくかを悩んでしまうほどの量だ。玄関の半分近くがいただきものの野菜で埋もれている。ものすごくありがたいことだ。

特に白菜はほとんど無限にもらえそうな気がするほど、そこかしこで「白菜ある?」とか声をかけてもらう。

去年は白菜が食べきれず、一部ダメにしてしまったので、今年こそ春先までうまく食べつないでいきたい。

食の豊かな場所にいるというのは、それだけで本当に幸せだなーと思う。

未分類

Posted by junchan