家の中にテントを立てると、そこは子どもの遊び場になる。こういう使い方もありなのかもしれない。

庭や公園といった、外で活動するときに、ちょっとしたポップアップテントでもあるといいな、と思っていた。

3月に生まれた娘を置いておく場所が欲しかったのだ。

地べたにそのまま置くわけにも行かないし、ずっと膝の上に置いておいてもむずかるし、何より強い日差しを避けてやることができない。

そんなこともあって、ポップアップテントを入手した。なんと私の誕生日プレゼントとして買ってくれた方がいたのだ。大変にありがたい。

そのポップアップテントだが、雨が続くこともあって未だ外に出していない。

代わりに、家の中で広げてみている。

家の中にテントを立てる

子どもというのは、こういうのがあると中に入ってみたくなる生き物のようで、5歳の息子も、今月で3歳になる娘も、テントを使ってあれこれ遊んでみている。

テントの中に何やら持ち込んで秘密基地よろしく遊んでみたり、荷物を詰め込んだり、また出してみたりと、何が楽しいのだかわからないが、子どもたちのたまり場になっている。

今朝は、娘が絵本の入ったかごを持ち込み、その中で絵本を読んでいた。

テントの中で絵本を読む娘

絵本なんかどこででも読めばよいと思うのだが、このこじんまりとした空間がまたオツなのかもしれない。

本当に静かに絵本を読んでいてくれるので、何かと助かる。しばらくしたら飽きたようで、テントから出ていったが。

なんだったら、このまま家の中のテントとして使っていってもいいかな、なんて思いはじめているが・・・さすがに家の中だと場所を取って邪魔になるから、常設というわけにもいかない。

そのうち子どもたちも飽きるかもしれないし。

梅雨が空けて、外で活動するようになってきたら、当初の予定どおり、外で使ってみるとしよう。

未分類

Posted by junchan