「スーパーハイバック座椅子」を1ヶ月使ってみてのレビュー。背もたれが大きくて、体格のいい人におすすめできる座椅子。

2020-09-03

私は和室であぐらをかいて座っていると、どうも腰が痛くなるので、あまり和室で過ごしていてくつろぐことができない方だ。

そんなわけで、座椅子を使ってみることにして、楽天やらで色々探してみた。

そんな中で、これはよさそうだ、と思って買って、使いはじめたものがある。

それは「スーパーハイバック座椅子」というものだ。

スーパーハイバック座椅子

決め手は、商品紹介ページに、180cmのモデルの人が座椅子に座っていたことだ。

私は175cmほどだが、普通の座椅子だと、背もたれ部分がどうしても首より下とか、肩甲骨あたりになってしまうのが気になっていた。

これだと、頭部が固定されないので、背もたれして座っていると背中や首が疲れるのだ。

そんな私より背の高いモデルさんでも、しっかり頭の後ろまで背もたれがあるのを見て、このくらい背もたれがあれば楽に座れるのでは、と思った。

こういうモデルさんが座っている様子を見ると、自分も使えそうだというイメージがわいていい。

そう思って買って、使いはじめてから、1ヶ月を過ぎた。

実際に使ってみて思うのは、「スーパーハイバック」でよかった、ということだ。

背もたれが頭の後ろまであるのがいい

背もたれが、予想どおり頭のところまでしっかりあるのがいい。

背もたれが首の後ろまである

これだけでも、この「スーパーハイバック座椅子」にした甲斐があったというもの。

思っていたとおり、頭の後ろまで背もたれがあることで、首が疲れたり、痛くなったりする感じがしなくなった。

座面や背面は低反発なのがいい

座面や背面は低反発素材で、座り心地は申し分ない。

夏場は蒸れるかと思ったけど、そこまでひどいものでもなく、それなりに通気性はよさそうだ。

生地の肌触りもよくて、べとつかず、長時間座っていても蒸れる感じがない。

よく子どもたちもこの上に座っていたりするので、本当に居心地がいいのだろう。

リクライニングが軽く動いていい

リクライニングするポイントは3ヶ所あって、くの字に折れ曲がっている部分は言わずもがな、座面の端 (太ももの裏に当たる部分)、背もたれの端 (頭の後ろに当たる部分)にある。

折れ曲がっている部分がリクライニングするのは当然ながら、他2ヶ所が動くのもいい感じだ。

座面の端を上げると、軽く膝を折り曲げて座るのにいい感じだし、背もたれの端を曲げると、首から頭にかけてを後ろからしっかりサポートしてくれる。

それぞれのリクライニングはすごく軽く動く。だから、ちょっと運ぼうとしたときとか、頭の部分に手を置いたくらいで角度が変わってしまう。おかげで、これぞベストポジション、と思った角度をキープし続けることは難しい。

ただ、軽く動くからそんなに気にはならず、座るときにちょいちょいと角度を調整している。

あと、リクライニングをするときに、完全に後ろに倒す必要がないのもいい。背面は80cmくらいあって、これを完全に後ろに倒すとなると邪魔だ (フラットにすると150cmあるらしい)。

このリクライニングは、後ろに倒すのではなく、完全にくの字に折り曲げるとカチッと音がして、角度調整できるようになるようになっている。おかげで、リクライニングを調整するのに場所を取らない。

和室で過ごすのが快適になった

食事中やテレビを見るときなど、長時間和室に座っているのは苦痛であったが、この座椅子のおかげでかなり楽になった。

これがなかったら、小一時間座っていることはできなかった。

普通に和室で座っていると、すぐ腰が痛くなるし、首も痛くなるしで、寝転がったり立ち上がったりしていたのだが、そういうことをしないでも座っていられるようになった。

家族にも大いに受け入れられているようで、私が和室にいないときは奥さんがちょくちょく使っているようだし、息子や娘もいつの間にかそこに座っていたりする。居心地がいいということなのだろう。

和室で座るのがどうも苦手というか、辛かったので、すごく助かっている。

いいものを買ったと思う。

こちらの記事もどうぞ!