Fleximounts モニターアームを使いはじめて1ヶ月。机の上のスペースが確保しやすくなり、使い勝手がよくなった。

モニターアームを設置してから、1ヶ月ほど経った。

モニターアームはこちらの「Fleximounts モニターアーム」というのを使っている。

モニターアームを設置してみたらやりたかったこととして、縦長画面で使ってみる、というのがあった。

実際に試してみたのだが、、、どうにも慣れなくて、あれ以来やっていない。

縦長画面が馴染まなかったのは少し残念だったが、それ以外はおおよそ思ったようなものだったので、それなりに満足している。

Loctek モニターアーム D5DL 組み上がり

ガス圧のアームは丁度いい高さに調整できるし、動きもそこそこなめらかだ。

ただ、どうしてもアームには数kgのそこそこ大きなものを乗せているし、モニタもパソコンも電源ケーブルなどがつながっているしで、思ったようにぐいんぐいん動かすことは難しい。

モニタを脇に避けて手前にパソコンを持ってくるとか、モニタだけ横に向けるとか、ポジションチェンジをしてみようにも、なかなか思ったようには動かせない。

結局は、定位置に置いて使うのがいいのだろう。

たまに使い勝手をよくするために動かすことはあっても、上の写真のようにモニタとパソコンを設置するのが一番使い勝手はよい感じがする。

それでも、モニタやパソコンが机の上に浮いていることがいい。

パソコンの下にクリップボードやノートを置いて書き込んだりすることができるし、キーボードなどを一時パソコンの下にでも退避すれば机が広がるので、ここでご飯を食べながらAmazonプライムビデオでアニメや映画を観たりすることもできる。

掃除をするときも、アダプタなどを避ける必要はあるが、ウェットティッシュで机の上をサッとひと拭きするのが楽になった。

ぐいんぐいん動かして自由な配置で使おうとすると難しいが、モニタやパソコンを定位置化したとしても、こうして吊っているだけで十分に便利だとは思う。

1ヶ月ほどモニターアームを使ってみた中では、困ったことは特になく、なにより机の上のスペースを確保しやすくなったのがよかった。