地元の地ビール「ヤッホーブルーイング」のビールがうまい。銘柄も豊富で、ハードリピートしてしまう。

地元の地ビールがうまい。これはとても幸せなことだ。

私たちが住んでいる御代田町には、クラフトビールの最高峰である「ヤッホーブルーイング」さんの御代田醸造所がある。この醸造所は昨年できたばかりである。

ヤッホーブルーイングさんの代表作といえば「よなよなエール」だろう。クラフトビール好きなら一度は見たことがあるのではないだろうか。クラフトビールの中では比較的手に入れやすい銘柄だと思う。

そして、ヤッホーブルーイングさんは、それ以外にも個性的なビールが多くて楽しい。

前略 好みなんて聞いてないぜ SORRY」とか、ビールの名前とは思えないが、楽しいビールだ。

最近手に入れた、新パッケージの「僕ビール君ビール」も面白い。

君ビール僕ビール

「軽井沢高原ビール」は毎年フレーバの違う限定ビールを出していて、毎年楽しみだ。2021年が出はじめているから、見かけたら飲んで欲しい。うまい。

あとは御代田町とお隣の軽井沢町でしか売ってない「クラフトザウルス」というのもあったりして、地元民であることが嬉しい限り。

他にも「水曜日の猫」とか「インドの青鬼」とか、どれも美味しい。

長野県が誇る超優良スーパーである「ツルヤ」さんのブランドとして販売しているビールもあったりして、その銘柄であればヤッホーブルーイングさんの他のビールより安く手に入れることもできる。もちろん十分うまい。

こういった銘柄を、その時の気分によって、いろいろ飲み分けている。そうしていると飽きが来ない。多分、ここ数年は年中飲んでいる。

1~2週間に1回くらいはツルヤさんに行って買い込んでおかないと、私の中のヤッホーブルーイング成分が足りなくなってしまうのだ。

このようなうまい地ビールが容易に入手可能であり、いつでも飲めるというのは、本当に幸せなことだと思う。

未分類

Posted by junchan