アイスコーヒーは「ジョージア猿田彦珈琲監修のコーヒーベース (無糖)」が手軽で、マジでうまいし、コスパもいい!

2020-07-27

このところ暑すぎて、ホットの飲み物なんて飲む気がしない。

自然と冷たいものが飲みたくなるし、コーヒーだってアイスコーヒーがいい。

アイスコーヒーをドリップしてもいいし、水出しコーヒーを作るのもいいのだけれど、何れにせよ、コーヒーを淹れるというのはそれなりに手間がかかる。

そんなことを考えていた折に、ふとイオンで「コーヒーベース」なるものを見つけた。

これなら簡単にアイスコーヒーがつくれていいかなーと思って買ってみたら、これがマジで正解だった。

コーヒーベース

GEORGIA 猿田彦珈琲監修のコーヒーベース (無糖)」は、すごく手軽にアイスコーヒーが作れて、ちゃんとうまい。

作り方は超簡単で、このコーヒーベースを6倍に薄めるだけでいい。

アイスコーヒー

例えば、コーヒーベースを80ml入れて、480mlになるまで水を入れる。以上。これでアイスコーヒー完成!

このまま冷蔵庫の中に入れて冷やしておき、飲みたくなったら、氷を入れたグラスに注いで飲む。

この手軽さのくせにマジでうまい。保存料や香料ぽいのが多少入っているようだが、そんなのは大して気にならない。

それでいて、かなりコストパフォーマンスもいい。

スーパーで買ったら、このコーヒーベースは1本180円くらいで、それからだいたい10杯分作れる。つまり、1杯あたり18円。

ボトルは340mlとあるから、6倍すれば2Lちょっと。

イオンや西友などの、100円で1Lの紙パックコーヒーはまるで美味しくないんだけど、このコーヒーはまじでうまいし、しかもその1L紙パックコーヒーより安いと来たものだ。

コンビニなどで売っている、BOSSのクラフトマンシップ 500mlもたくさん飲めて普通にうまくて好きだが、このコーヒーベースで作るアイスコーヒーを500ml換算したら50円ほどだと思うと、1/3くらいの値段で飲める。

あっという間に、私の中でのこの夏の定番!の位置に入り込んできた。

これほどに安い、手軽、うまいアイスコーヒーが飲めるとは、いいものを見つけたものだ。

こちらの記事もどうぞ!

未分類

Posted by junchan