DaVinci Resolve Studio 17.2にアップグレードしてから、Speed Editorの調子がどうもおかしい

いつも動画編集に使っている「DaVinci Resolve Studio」が17.1.1→17.2にバージョンアップしたので、早速アップデートしてしばらく使っている。

前情報どおり、起動が速くなったのは実感する。半分くらいの時間になったんじゃないかな?

おかげでスムーズに作業を開始することができて嬉しい。

DaVinci Resolve Studio 17.2にしたらSpeed Editorの挙動が怪しく

ただ、このバージョンにしてから、どうも「Speed Editor」との相性が悪くなってしまったというか・・・挙動がおかしくなった。

DaVinci Resolve Speed Editor

一番気になるのが、切り貼りした動画の前後で、やっぱりもうちょっと前から使いたいとか、後まで使いたい、というときに、「TRIM IN」や「TRIM OUT」を使っているのだが、このときに必ず固まるようになったのだ。

1, 2コマ動かしたところで「DaVinci Resolve Studio」自体が固まってしまい、数分間?操作できなくなる。その数分間を待ちさえすればまた使えるようになるのだが、これは随分と具合が悪い。

トラックボールで同等の操作をしても固まることはないので、この固まる状況は「Speed Editor」の操作によるものなのだろう。

あと、なぜかBluetooth接続が急に切れてしまい、復活しなくなる。

これらの挙動は、17.1.1のときには起きていなかった。快適そのものだったのだ。

Speed Editorをバージョンアップしてみるも、、、

「DaVinci Resolve Studio」を17.2にしたときに、「Speed Editor」のバージョンアップがあるから更新しようよ、というダイアログが出ていたので、「Speed Editor」のバージョンを上げれば解消するのだろうか、とやってみることにする。

Control Panels SetupにSpeed Editorが出てきた

これで「DaVinci Resolve Studio」のバージョンに合わせた「Speed Editor」のバージョンになったわけだから、挙動は直ってくれるだろう。

と思いきや、なぜだか悪化してしまった・・・

「TRIM IN」「TREM OUT」で固まるのは相変わらずで、それ以上にBluetooth接続がまともに動かなくなったのである。

まず、いきなり「Speed Editor」が使えなくなった。

よくわからなかったので、ひとまずBluetoothのペアリングをし直してみたら、しばらくは使うことができた。

この「しばらく」というのも実際はどのくらいの時間使えたのかよくわかっていない。何が原因で使えなくなるのかも不明だった。「TRIM IN」や「TRIM OUT」で固まるのは、このなんとかつながっていた間に試したことだ。

「Speed Editor」が使えなくなったところで、Bluetoothの設定画面を見ていると、どうも「Speed Editor」自体はBluetooth接続を試みていて、一瞬つながって、切れて、またつながり、切れて、つながり、切れて、、、というのを数秒おきに繰り返すようになっていたのだ。

これはもはや病状が悪化したとしか言いようがなく。

どうしたものかと悩む。

「Speed Editor」が使えないなら「DaVinci Resolve Studio」で楽しく作業ができない。

Speed Editorのでグレードをしてみる

普段はデスクトップパソコンで作業をしていて、予備にノートパソコンにも「DaVinci Resolve Studio」はインストールしていたから、そちらのバージョンを17.1.1にしてみることにした。

そして、「Speed Editor」をUSBケーブルで有線接続してやれば、「Speed Editor」のアップデートがあると言われるので、ダメ元でやってみることにした。

すると、「Speed Editor」のバージョンは1.3→1.1にデグレードされたのだった。

これなら「DaVinci Resolve Studio」の17.2に合わせてアップしたバージョンよりは古くなったから、おかしな挙動が直ることを期待して、改めてBluetooth接続をしなおしてみる。

すると、「TRIM IN」「TRIM OUT」で固まるのは変わらずだが、少なくともBluetooth接続がむやみに切れるようなことはなくなった。

「Speed Editor」のバージョンをデグレードして、少しはマシになったということだ。

ひとまず「Speed Editor」で「TRIM」を使わなければ固まることはないので、無意識に「TRIM」に手を伸ばしてしまったときに、踏みとどまるようにしてみた。そして、トラックボールで操作するようにしたのだった。

おわりに

これまで微修正のために使っていた「TRIM IN」「TRIM OUT」が使えなくなったことで、「Speed Editor」の快適さが少し失われてしまった。

それでも「Speed Editor」を使ったほうが総じて編集は楽だから、「TRIM」のために「Speed Editor」をやめるという選択はないし。

これは「DaVinci Resolve Studio」17.2の不具合なのか、「Speed Editor」の不具合なのか、はたまたPostgreSQLの不具合なのか、Bluetoothの不具合なのか、、、

もしかしたら、「DaVinci Resolve Studio」を17.1.1に戻すのがいいのかな、と思わないでもない状況で、もどかしい思いである。

公式サイトの情報など調べるもまるで情報がなく、なんとももどかしい思いをしながらも、動画編集を続けているのであった。

未分類

Posted by junchan