ロジクール「KX700 MX Keys Mini」を購入。数年ぶりにキーボードを新しいものにすることにした。

ロジクール「KX700 MX Keys Mini」というキーボードを使いはじめてみた。

昨年11月に発売開始されたもので、発売当初から気になっていたものだ。

年末に東京に行く機会があって、ちょろっと立ち寄ったヨドバシカメラに展示されていたから、実際に触れてみて、「これはよさそう!」と思った。

もう何年もHappy Hacking Keyboardに落ち着いていたのだけれど、このクオリティであれば試してみたいと思えた。

折しも、Happy Hacking Keyboardを使うときはパームレストを使っているのだけれど (キーボードの厚みがあって、そのまま使うと手首が痛くなるから)、そのパームレストが壊れてきていて、パームレストを買い換えるか、キーボードを買ってしまうかという壮大な悩みが訪れていたのだ。

何を言っているかわからないかもしれないが、人生とはそういう悩みの連続なのである。

Happy Hacking Keyboardに不満もないのだけれど、もう何年も使ってきたし、ちょっと別のも使ってみたくなったし。無線キーボードになると何かと便利だし (Happy Hacking Keyboardは有線のものを使っている)。

そんなわけで、楽天のセールに合わせて買ってみたのだった。

ロジクールMX Keys Mini

「MINI」というだけあって、10キーレスで幅が短い。外箱も小さいものだった。

ロジクールMX Keys Mini 内容物

中に入っていたのは、

  • キーボード本体
  • USB Type-A – Type-Cケーブル

だけ。またむやみにUSBケーブルが増えてしまった。

本体右上にはUSB Type-Cケーブルを挿す口があって、ここから充電する。

ロジクールMX Keys Mini USB Type-Cケーブルで充電する

なお、パソコン本体とこの口をケーブル接続しても、有線で使用することはできない。USBはあくまで充電用だ。

パソコンとKX700 MX Keys MiniはBluetoothで接続するか、「Logi Bolt USBレシーバー」というUSBドングルを買ってきて、それと接続するようになっている。

KX700 MX Keys MiniをHappy Hacking Keyboardと並べておいてみる。

KX700 と Happy Hacking Keyboardを比較

サイズ感としてはほぼ同じくらいだ。

お互い10キーレスだから、横幅は同じくらい。

Happy Hacking Keyboardが5段なのに対し、KX700 MX Keys Miniは6段だけど、縦幅も同じくらいだった。

KX700の傾斜

KX700 MX Keys Mini は軽く傾斜がついていて、打ちやすい角度になっていると思う。

傾斜の角度的にも、Happy Hacking Keyboardと同じくらいだ。

Happy Hacking Keyboardは手前側から分厚くて、パームレストが無いと手首がつらいけど、 KX700 MX Keys Mini はパームレストなしでも問題ない。

そんな外観の割に、持ってみるとずっしり重たくて、重量的にもHappy Hacking Keyboardといい勝負だったりする。

こうして数年ぶりにキーボードを変えてみたんだけど、最初から手に吸い付くようにタイピングができていて、かなり満足している。

一部、キーの配置が違うこともあってうまく頭が (指が?)切り替えできてないけど、普通に文字入力するにあたっては十分なパフォーマンスが出ている。

キーボードは1日中触っていることもあって、いいものに巡り会えることで生産性や満足度が高まる。

KX700 MX Keys Miniは当たりだった。いいキーボードを選んだと思う。

レビュー

Posted by junchan