3度目の三才駅。3人目の子どもが3歳になったから行ってきた。

2023-07-10

※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

私の中での「3歳のうちに行っておきたい駅」No.1の駅が長野県は長野市にある。

その名も三才駅だ。

しなの鉄道 三才駅

これはもう「3歳のうちに行っとけ!」と言わんばかりの駅名だと言えよう。

駅自体は小さいものだが、ちゃんと3歳の子どもを撮っておくための撮影スポットもあったりする。

三才駅で記念撮影

ちゃっかり長女も写っているが、お前は2年前に済ませているので主役ではないぞ、と。

今日も我が家だけでなく、小さい子どもを連れた家族が何組か来ていた。車なんて数台しか停める場所がないから、一気に来られるとよくない。

きっと、みなさん3歳児を連れてきているのだろう。三才駅はそのくらい3歳児を引き付ける力があるのだと思う。

なお、我が家はこれで3回目の三才駅だ。長男や長女がそれぞれ3歳のときに訪れている。

今回は次女のための訪問であったが、彼女は長女が3歳のときに一度訪れていたりする。

あの頃は、まだ次女は歩くこともできず、しゃべることもできず、地べたに座ってその辺で買ってやったおやきをうまそうに食べていたものだが。

座り込んでおやきを食べる娘

それから2年して、ようやく3歳になり、いよいよ彼女の出番となった。

なんとか3人とも3歳のうちに連れてくることができてよかった。

これからもこの三才駅は、3歳児を暖かく迎え入れてくれることだろう。

しなの鉄道 三才駅

  • 住所: 長野県長野市大字三才字念仏塚2207

おでかけ

Posted by junchan