ロックダウンについて思うと、田舎に住んでた方が幸福度は高いのかな、とも思う

コロナ騒ぎはどんどん大きくなっているようで、ついに東京閉鎖なんて話まで出てきているようだ。

現時点でそんなことを実行できる権限のある人がいるのかは怪しいところだが、仮にどこかでロックダウンが起こったときのことを考えていた。

まず、私が東京の拠点にしている東京事務所は、20平米ほどの1DKだ。

東京事務所

正直、ここにひとりで2週間引きこもっていろと言われたら、発狂する気がする。せめてゲーム廃人にでもなってないとやってられない気がする。

その点だけで見ても、田舎の広い一軒家に住んでいるというのは、全然余裕が違う。

実際、東京事務所の9倍くらい広いし、何なら家の端から端まで普通に歩いても30秒以上かかる。東京だとせいぜい5秒くらいか?部屋数で言うと10部屋くらいある。

その上、庭もあって、土いじりをすることだってできる。倉庫もあるからDIYしてもいい。

雪の積もった庭

そんなことを考えると、この広いスペースがあるというのは、精神衛生上もすごくいい気がする。

あと、東京にいると、どうしてもどこかに出かけるライフスタイルになる。

これはスーパーやコンビニに買い出しに行く、という話ではない。

要は遊ぶ場所というのは家の外にあって、そういうところに行って過ごすような生活になりがちということだ。

その点、田舎には遊びに行くところがそもそも少ない。パッと思いつくのがイオンモールだったりするくらいだ。ホームセンターとかニトリでもいい。我が家はあんまりああいう商業施設が好きじゃないから、用事があるときにしか行かないが。

じゃあ、普段、どこでどうやって遊んでいるかというと、割と自分の家でいろいろ遊ぶようなライフスタイルになっている。

兄妹そろってカゴに入ってテレビを観る

我が家で言うと、Amazonプライムを観たり、ゲームをしたり、ブログを書いたり、料理を作ったり、日曜工作をしたりする。

子どもたちは部屋の中や廊下を走り回り、うるさいと怒られ、庭に追い出され、やっぱり庭を走り回る。

暖かくなってくると、近所を散歩するのも気持ちいいし、庭を掘って畑を作るのも楽しい。

Chromebook C101PAを外部モニタ、キーボード、トラックボールにつないでみる

我が家で言えばコワーキングスペースという名の、12畳ほどの作業部屋もあり、普通に家で仕事をすることもできる。

そんな感じで、ほとんど家の中で過ごしていてもストレスが少ない。気詰まりしてきたら窓を開けたり、家の中をフラフラあるきまわったり、庭に出たりすれば気分転換になる。実際、朝のゴミ捨てで家を出たくらいだ、なんて日も少なくない。

もちろん、スーパーに食材の買い出しをしに行くというのは死活問題としてあるが、車で行ってごっそり買って帰ってくることもできるから、2~3日引きこもることは造作もなかったりする。

などというように、田舎の自宅で過ごすことを考えると、外出自粛になってもそんなに困らないというか、普段からあんまり外出してないことを改めて思う。というか、多分この2週間ほどは買い出しと奥さんの入院くらいでしか家を出てないから、普通に暮らしていて、普通に外出自粛状態だったような気もする。

その点、東京事務所にいると、なんやかんやと出かけているような気がする。だから、実は、東京にいて外出するのが面倒だと思っているフシもあったりして。

どうせロックダウンで2週間ほど外出自粛となるなら、やっぱり長野の広い一軒家でゆったり過ごしながらがいいな、とマジに思う。

未分類

Posted by junchan